BBT運営の大前経営塾、ブロックチェーン修了証書を卒塾生55名にオンラインで授与

あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田巌、以下BBT)が運営する大前経営塾は、2020年4月5日にオンラインを利用した卒塾式において、ブロックチェーン修了証書をコースの卒塾生55名に対し、デジタル環境での授与を行ったことを発表した。

ブロックチェーン修了証書の実際の導入は国内の教育機関としては初めてとなる。(※)LasTrust社の調べによる。(2020年4月7日現在)

大前経営塾は、世界的経営コンサルタントの大前研一氏が開設した本格的な経営者育成コース。

オンラインで時間場所に関係なく受講することができ、これまでに3,000名近い経営人材を輩出している。

4月5日には新型コロナウイルスの影響もある中、オンラインを利用した卒塾式を開催し55名がデジタル上でブロックチェーン修了証書を授与された。

ブロックチェーン修了証書とは、従来の紙に印刷した修了証書とは異なり、デジタル上で発行される修了証書。

ブロックチェーン修了証書を導入することで、下記のようなメリットがある。

  • 紙の修了証書を保管する必要がなく、PCやスマートフォンでいつでもどこでも参照できる
  • メール等に本修了証書を添付し、所属企業の人事部など第三者に送ることができる
  • 修了証書のデータを暗号化(ハッシュ化)し、ブロックチェーン上で分散管理するため、偽造や不正な閲覧を防げる
  • 従来の紙での管理からデジタルへ移行したことにより、発行にかかる時間と資源を節約できる

受講生の修了履歴がブロックチェーンに記録されるため、修了生の修了実績や能力の情報が所属企業の人事部等に共有可能となり、将来的に修了生のキャリアパスの最適化が期待できるため、大前経営塾では導入を決定。

今後、BBTのその他のプログラムへの展開も検討しているという。

今回大前経営塾のブロックチェーン修了証書を発行した、ブロックチェーン証明書発行システム「CloudCerts(クラウドサーツ)」を展開するLasTrust株式会社(所在地:東京都文京区、代表:圷健太氏 以下、LasTrust社)は、「CloudCertsは、本件のような証明書だけではなく、スタディログや論文、果ては契約書、社員証、遺言信託、会計事務所の証憑など、ありとあらゆる証書や書類をデジタル化し、分散管理できる。」と話している。