SIGNATE、オンラインAI学習プログラム「SIGNATE Quest」を個人向けに提供開始

日本最大級のAI開発人材ネットワーク「SIGNATE」 を運営する株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 齊藤 秀)は、法人向けオンラインAI学習プログラム「SIGNATE Quest」を個人向けサービスとしても提供開始したことを発表した。

個人向け「SIGNATE Quest」リリースの背景と概要

近年、AI技術やその活用は加速度的な発展を遂げている。

その一方で、AI/データ活用人材は圧倒的に不足しており、その育成は急務である。

AI開発コンペティションプラットフォーム「SIGNATE」を運営するSIGNATEは、自社のプラットフォームにおいても、AI開発コンペティションに参加できるレベルの人材を育成する仕組みが同時に必要だと考えており、販売から3ヶ月間で売上1億円を達成した「法人向けSIGNATE Quest」のサービス提供から得た知見を元に、2020年4月より個人向けサービスの提供を開始することにいたった。

これによって「SIGNATE」は、実戦としてのAI開発コンペティションとAI人材育成の両サービスを併せ持つAIの総合プラットフォームとして更なる進化を遂げた。

SIGNATEは、今後も「SIGNATE」の更なる発展と、それを基盤としたサービス展開で、日本におけるAI/データ活用による社会変革に貢献していきたいと考えている。

法人向けSIGNATE Quest について

「法人向けSIGNATE Quest 」は、動画視聴やプログラミング実技を通じ、AIを活用したビジネスの企画立案からAIモデルの構築まで、PBL形式にてAIプロジェクトを擬似経験できる。

昨年10月に発売以来、すでに数多くの企業様や、さくらインターネット株式会社が経済産業省事業として実施する衛星データ活用技術者養成e-learning「Tellus Trainer」、及び広島県が実施する「ひろしまサンドボックスAI人材育成チャレンジ実施業務」に利用されている。

さらに教育機関向けサービスとして、一部機能の無償提供を決定。その第一弾として「広島工業大学」の必須科目としても導入が決定している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。