スピーキング評価AI「CHIVOX」グローバル利用実績30億回突破、新型コロナウイルス流行期における利用状況調査を実施

英語スピーキング評価AI「CHIVOX(チボックス)」を展開するアイード株式会社(東京都品川区、代表取締役:宮澤瑞希)は2020年4月3日(金)、2020年2月以降のグローバルでのCHIVOXによるスピーキング評価実績が30億回を突破したことを発表した。

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、世界中でオンライン学習サービスへの期待が高まっている。

アイードが提供するスピーキング評価AI「CHIVOX」は、オンライン英語学習サービスの内部に組み込まれる形で利用されるサービスだが、新型コロナウイルスの流行前と比較して利用実績が伸びている。

2020年3月以降、日本では新型コロナウイルス流行前/後の平均利用実績よりも約2倍に伸びており、中国においても約2.2倍に伸びている。

グローバルでは直近2か月間で合計30億回以上のスピーキング評価が行われた。

CHIVOXの活用事例ランキング

​今回アイードでは急激な利用実績の伸びを受け、グローバルでのCHIVOX活用事例を独自調査し、その結果を発表した。

CHIVOXを活用することで授業や予習復習における「評価→診断→改善点のフィードバック」などのスピーキング学習プロセスを自動化が可能。

これによって教師/講師の業務効率改善、また、学習者毎に蓄積される膨大な学習データによって、レッスン効果の可視化やレッスン品質のモニタリングといった定量分析をエビデンスベースドで行うことが可能になる。

グローバルユースケースではこれら特徴を上手く活用されているものが多数見受けられた。

第1位:スピーキング学習(宿題/トレーニング)

最も多かった活用パターンは、宿題やトレーニング向けのスピーキング学習サービス。

スピーキング学習(宿題/トレーニング)は新型コロナウイルスの流行以降顕著に利用実績が伸びており、学生のオンライン学習時間が大幅に上昇している。

中国の教育現場は日本と同じく休校が続いているが、学びは止まらず平常時と変わらない授業が行われている。

2020年前半には中・高校入試対対策摸試(英語)が複数回行われる予定(CBT形式のスピーキング/リスニングテスト)。

休校期間中のため、生徒は自宅で試験準備を進めていく必要がある。

第2位:スピーキング学習(オンライン授業)

2位はオンライン授業向けスピーキング学習サービス。

新型コロナウイルスの大流行で教育現場は混乱しているが、休校中の子供たちの学び継続のためEdTech企業による自社サービスの無償提供がグローバルで拡大している。

CHIVOXはグローバルで1,000社以上のEdTech企業にサービス提供を行っており、学校での授業と同等な学習環境の実現をサポートしている。

数百万人規模の授業にも対応可能であり、生徒はスピーキング評価を授業中であっても即時に受け取ることができると同時に、教師は学習成績データを活用した授業展開を行っている。

第3位:スピーキングテスト/アセスメント

第3位はスピーキングテスト(アセスメント)での活用。

中国の教育研究機関の調査によると、親は子供の「英語トレーニングコース修了後、どれだけスムーズにコミュニケーションを行えるようになるか」という部分を気にしている。

このような背景から、パーソナライズされたカリキュラムと効率的な学習改善指導の実現を目的としたスピーキングテストやアセスメントが求められている。

将来的には、子供一人一人に専門的なスピーキング診断レポートを発行することが、オンラインの少人数クラスでは顧客獲得のための新たなトレンドになるかもしれない。

教師にとってスピーキング評価AIは、コンサル型のスピーキング評価を行う授業に最適なツールである。

スピーキング評価AI「CHIVOX」の評価は多次元且つ繊細。

例えば「文章評価カーネル」は各単語の合計スコア、流暢さ、完全性、正確さ、発音スコアなどの多次元スコアをフィードバックできる。

また、ストレスの有無や一時停止の検出、文末の抑揚までもカバー。

教育機関はCHIVOXによって専門的で詳細な個別診断レポートを発行できるようになり、また、学習成績が個別可視化されるために親は子供の学習状況を定量的にいつでも確認することができる。

これらデータに基づいたパーソナライズされたカウンセリングがすぐにでも行えるため、教師は浮いたカウンセリングに向けた準備時間を他の業務に充てることで業務効率化を図っている。

第4位:スピーキング学習(AIによるインタラクティブレッスン)

2019年、AIによるインタラクティブレッスンは幼児向け英語学習市場の主流なサービス形態になった。

自習/相互学習/オンラインサービスの特徴が融合し、目標達成に向けた効率的な学習プロセスを実現する。

サービスはゲーミフィケーション要素が強いものが多く、学習を進めることでゲームが進行し、自分が育てるキャラクターを成長させていく。

2020年2月28日、CITIC Securitiesは「K12向けオンライン教育業界特別レポート」をリリース。

このレポートでは、オンライン教育サービスの普及率が2019年の15.7%から、2023年には約40%に達すると予想されている。

新型コロナウイルスの流行により、業界自体が速いスピードで大きく成長し、オンライン教育市場に新たなチャンスがもたらされている。

日本においても学校休校が長期化するなかで、オンライン教育サービスに対する認知度や有用性が理解され、教育現場の課題を解決する形で広く普及していくことが期待されている。

CHIVOXとは

「CHIVOX」はAIが学習者のスピーキングを「発音」「流暢さ」「内容」「文法」等の項目で診断し改善点フィードバックを行う機能を、導入企業が自社の英語学習サービスに自由に搭載できるサービス。

CHIVOXは中国の英語教育サービス市場の約60%を占有しており、上海市や江蘇省等の自治体が行う大学入試および高校入試においては英語スピーキングテストの自動採点システムとしても利用されている。

グローバルでは1,000社以上のプロダクトに導入、132の国と地域で利用され、毎月6億回以上のスピーキング評価が行われている。

CHIVOXには評価対象別(ワード/センテンス/パラグラフ/オープンクエスチョン、等)、且つ、レベル別(幼児レベル/普通レベル/ネイティブレベル)にスピーキング評価AIエンジンが用意されている。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。