「WIRED.jp」3月来訪者数600万UUを達成、「WIRED UNIVERSITY」オンライン講義をスタート

世界をリードするイノヴェイションメディア『WIRED(ワイアード)』の日本版ウェブサイト「WIRED.jp 」は、2020年3月の月間訪問者(UU:ユニーク・ユーザー)数が600万を超えたことを発表した。

『WIRED』日本版は、創刊以来、いま起こっている事実やニュースの先にある、未来の社会の姿を見通すヒントや教養となる情報をタイムリーに読者に届けるべく、コンテンツの充実を図ってきた。

昨今の新型コロナウイルス関連の記事について、科学とファクトに基づいた信頼性が高くさまざまな角度から迫った情報のタイムリーな発信によって、この難しい時期に、読者の圧倒的な支持を得られたことの証左と言える。

さらに今回新しい取り組みとして、急展開を見せる2020年代に必要とされる基礎教養を学ぶ「WIRED UNIVERSITY」をオンラインにて開講した。

最新号の『WIRED』 日本版VOL.36では未来を構想し、選び取り、それを実現するためのツールを手にし、実装するための「2020年代の必須科目30」を総力特集。

そのなかで20名の講師に登場してもらい「2020年代の基礎教養20」を紹介している。

オンラインの「WIRED UNIVERSITY」では、本誌では書ききれなかったその全貌に迫るだけでなく、本誌には登場しない新たな講師も迎えながら、なぜいま新たな学問が必要とされるのかを掘り下げていく。

第1弾は、東京工業大学「未来の人類研究センター」のセンター長でもある伊藤亜紗を講師に迎え、なぜいま「利他学」が基礎教養たり得るのか、編集長の松島倫明がインタビュー。

「WIRED UNIVERSITY」の講義動画はYouTubeチャンネルやTwitterで順次公開される。

WIRED UNIVERSITY:SUBJECTS FOR OUR FUTURES概要

  • 講義01:2020/04/01(水)「利他学」(伊藤亜紗)
  • 講義02:2020/04/06(月)「発酵メディア学」(ドミニク・チェン)
  • 講義03:2020/04/08(水)「リモートワーク学」(横石崇)*Twitterライヴ配信(15:30~16:00)

*「講義03」以降も、順次配信予定


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。