プログラミングコンテストサイト「AtCoder」日本人登録者数10万人を突破

AtCoder株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:高橋直大、以下AtCoder)が運営するコンテストサイト「AtCoder」の日本人登録者数が10万人を突破したことを発表した。

2016年7月のリニューアル以降、堅調に登録者数が伸びていたが、2018年12月以降に参加者数が急増し、日本人登録者数は2019年3月から1年で約2倍の10万人を突破。

海外からの登録者数も、1年で1.5倍に増加し、全登録者数の40%を超える勢いで増加を続けている。

また毎週開催しているプログラミングコンテストの参加者も伸びており、3月28日(土)に開催したABC(AtCoder Beginner Contest)では、1問以上コードを提出したコンテスト参加者は、日本人が6,398人、外国人が3,349人と、全世界から1万人近いユーザーが参加。

AtCoderは創業以来8年間で通算600回以上コンテストを開催し、出題した問題は3000問を超えている。

この過去問は、AtCoderユーザー有志が作成したコンテンツを通じて、コンテストの練習やプログラミング学習に利用されている。

ユーザー有志が作成した代表的なサイト

  • AtCoder Problems:過去問を難易度別に表示し練習できるサイト
  • AtCoder Scores :過去問を点数ごとに並べて練習できるサイト
  • AtCoder Virtual Contest :過去問を使ってバーチャルコンテストを開催できるサイト

※上記サイトはAtCoder外のサービスとなるで、AtCoderのサポート対象外。

AtCoderは、多くのユーザーに支えられながら成長を続けている。

今後も質の高いプログラミングコンテストの運営を通じて、より多くの人々に競技プログラミングに楽しんでもらえるようサービスを拡充していく。