LINE entry、親子で一緒に楽しくプログラミングを学べる「みんなの学習」ページを新たに追加

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」にて、子どもたちが自宅で楽しくプログラミングを学べる「みんなの学習」ページを新たに追加したことを発表した。

LINE Entry「みんなの学習」ページの概要

LINEは、2020年度からの小学校プログラミング教育必修化の流れを受け、未来のデジタル社会をより良いものにするための担い手の育成を目指し、2019年10月よりプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を提供している。

「LINE entry」では、直感的にプログラミングを学べるビジュアルプログラミングのソフトウェアや、LINEの専任講師が学校のプログラミングの授業をサポートする出前授業、教員が学校の授業で簡単に使えるオリジナル教材などを無償で提供し、好評となっている。

今回、「LINE entry」の公式サイトに新しく「みんなの学習」ページが追加された。

「みんなの学習」ページでは、「ロジカ式」プログラミング教室を展開する株式会社ロジカ・エデュケーション(本社:大阪府池田市、最高経営責任者:関 愛)協力のもと、親子で一緒に楽しくプログラミングを学べる「ご家庭向け教材」を、まずは11本用意。

「ご家庭向け教材」は、プログラミングの課題だけでなく、保護者用のガイドブックもセットになっているため、プログラミングが初めての場合でも、安心して親子で一緒にチャレンジすることができる。

なお、「みんなの学習」ページでは、「ご家庭向け教材」の種類をさらに拡充していくだけでなく、ユーザーがお互いにプログラミングを教え合い、学び合える環境を目指し、だれでも自由に教材を作成・共有できるような機能も追加していく予定。

教員を対象とした「出前授業」について

「LINE entry」ではこれまで、LINEが認定するプログラミング教育の専任講師が無償で全国各地の学校を実際に訪問し、プログラミングの授業をサポートする「出前授業」を小学校4,5,6年生を対象に行ってきたが、今回、教員を対象にした「出前授業」の受付も開始。

この教員向けの「出前授業」は、「LINE entry」のソフトウェアやオリジナル教材を活用したプログラミングの授業を実際に体験しながら、授業の進め方や指導のポイントを理解できる内容になっている。