DMM VR研究室、東京大学 連携研究機構VR教育研究センターと共同研究を開始

合同会社DMM.com(会長 兼 CEO 亀山敬司、以下DMM)はVR空間におけるインタフェースを最適化することを目的として、国立大学法人 東京大学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センター(以下、VRセンター)と共同研究を開始したことを発表した。

DMMとVRセンターの共同研究の概要

DMMでは2018年よりVR研究室を設置し、VR領域を始めとしたxR領域におけるリサーチと開発を行っており、VRシューティングゲーム「BOW MAN」などをリリースしてきた。

VR センターでは、VR分野を担う人材の育成と、VRを活用した教育システムの普及を目的とし、人間の知覚と心理についての基礎研究やハプティクス、ネットワーク、センシングなどVRの要素技術研究、VR応用システムおよび、VRアプリケーションのユーザーインターフェース等の研究開発も行っている。

今回の共同研究のテーマは、「VRシステムの評価及び最適化手法の提案」を予定している。

共同研究では、DMM VR研究室が有するVRシューティングゲーム「BOW MAN」等のVRサービスでのデータ解析を行った上で、VR センターとの連携により、インプット方式やアバタの表示など、VR空間におけるユーザーインターフェースへの習熟・没入度などに着目し、科学的に定量解析・評価するための手法を確立することによりVR空間のユーザーインターフェースの最適化が期待できる。

今後、DMMでは今回の研究を踏まえ、新しいVR体験の開発に努めていく。

DMM VR研究室について

VR研究室は2018年12月より DMM.com テクノロジー本部のR&D部門として発足されたDMMのVR専門チーム。

CTOの直下で、ハイプレゼンスなVR領域をはじめとしたxR領域におけるリサーチとVRゲーム開発を行っている。

今回のVRセンターとの共同研究にあたっては、DMMとしてもアカデミック領域への貢献を行うことで、今後益々需要が高まると予想されるVRシーンを盛り上げていきたいという想いから立ち上げられた。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。