Z会ソリューションズ、英語教科書『NEW TREASURE』デジタル版のプラットフォームに「Lentrance」を採用

株式会社Lentrance(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石橋 穂隆)は、同社の学習用ICTプラットフォーム「Lentrance®(レントランス)」が、株式会社Z会ソリューションズ(本社:静岡県三島市、代表取締役社長:網野 聡一、以下 Z会ソリューションズ)に採用されたことを発表した。

Z会ソリューションズは、Z会グループにおいて各種教育機関に教育ソリューションを提案・提供している事業会社。

教育現場の様々な課題解決に貢献すると共に、そこで学ぶ人たちの主体的な学びをサポートしている。

株式会社LentranceとZ会グループは、2018年2月に資本提携を開始して以来、両社の強みを活かした、より利便性や価値の高い教育サービスの提供について協議を重ねてきた。

今回、その第一歩として、全国の多くの中学校・高等学校で利用されている、Z会ソリューションズの英語教科書『NEW TREASURE』のデジタル版を届けるプラットフォームに、「Lentrance」が採用されることとなった。

今回のZ会ソリューションズの「Lentrance」採用は、私教育分野に主軸を置く事業グループとしては初の採用となる。

今後、同社のデジタル教科書・教材は、既に「Lentrance」を採用している出版社の発行するデジタル教科書・教材も併せて、「Lentrance」プラットフォーム上で利用することが可能となる。

「Lentrance」とは

「Lentrance」は公教育・私教育の双方で利用できる学習用ICTプラットフォーム。

学習者や指導者は、アプリ(Windows、iOS)もしくはWebブラウザからデジタル教科書・教材を利用することができる。

クラウド配信方式(インターネット環境への接続状態)にて利用の場合、アカウント情報から同じ画面や設定、書き込み等のデータを再現できるので、BYOD(Bring Your Own Device)方式の利用にも対応することが可能。

スマホからも利用できるため、学校用の教科書や塾・通信教育用も含む各種教材を、通学時の電車やバスの中など、隙間時間を使った予習・復習で使うことも可能。

また、「Lentrance」に搭載された教科書・教材からは、「どのページをいつ読んだのか、どの部分を注視したのか、何を書き込んだのか」といった学習履歴データの取得が可能(現在は実証研究用として提供)なため、公教育・私教育のどちらにおいても、学習者・指導者・教育コンテンツホルダーの全てに対して、データに基づいたフィードバックを行うことができる。

この創業理念のもと、Lentranceは「すべての人の学びの入り口になる」という目標を掲げている。

社名でありブランド名でもある「Lentrance」は、Learning(学ぶ)とEntrance(入り口)の組み合わせから生まれた名称である。

今後もLentranceは学習者を中心に据え、様々な学びの場で活用できることを重視した機能強化と関連サービスの提供を進めていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。