ライフイズテック、臨時休校期間中のオンライン学習についてのアンケート調査を実施。88%の小中高生が「オンライン学習が役立った」と回答

中学生・高校生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」の無料限定版利用者の小中高生(とその保護者)を対象に、新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う臨時休校期間中のオンライン学習についてのアンケート調査を実施し、結果を発表した。(調査期間:2020年3月18日~23日、回答数:223人)

調査結果サマリー

  • 88%の小中高生(とその保護者)が、今回の休校期間中「オンライン学習が役立った」と回答
  • 休校中に利用したオンライン学習コンテンツ数は平均2.1。半数以上の小中高生が、3つ以上のオンライン学習サービスを利用
  • オンライン学習に費やした時間は、34%が一日平均1時間以上2時間未満
  • オンライン学習をしてみた半数以上の小中高生が「オンライン学習をしたことで、IT自体に興味を持った(56%)」「もっとITを使った学習をしてみたいと思った(54%)」という意識変化を実感
  • オンライン学習をやってみてよかった点は「自分の都合の良い時間で学習できる(82%)」のほか、「普段学校で学べないことが学べる(61%)」「自分の興味あることを選んで学べる(60%)」など興味を広げる学びに繋がったという結果も見られた
  • 一方で、オンライン学習をしてみて感じた学校の良さは「先生や友人との交流ができる(68%)」「やる気が維持しやすい(36%)」という結果に

休校期間中のオンライン学習について

88%の小中高生が「役に立った」と回答

オンライン学習で利用したサービス数

(コンテンツ事例)Youtubeなどのオンライン動画視聴/スマートフォンやタブレットのアプリ/WEB教材/オンラインのドリル教材/電子書籍/オンラインスクール/その他

  • 小中高生の多くは複数のコンテンツを利用して学習を進めている。平均数は2.1
  • 3つ以上利用が半数を超える結果に

オンライン学習に費やした時間

オンライン学習に費やした時間は、一日平均1時間以上2時間未満が最多の34%

オンライン学習後の意識変化

「オンライン学習をしたことでIT自体に興味を持った」「もっとITを使った学習をしてみたいと思った」と意識が変化したと多くの小中高生が回答。

オンライン学習をやってみて良かった点

オンライン学習をやってみて良かった点は、「自分の都合の良い時間に学習できる(82%)」や「自分の都合の良い場所で学習できる(57%)」「普段学校で学べないことが学べる(61%)」「自分の興味あることを選んで学べる(60%)」など興味を広げる学びに繋がったという結果も見られた。

オンライン学習をやってみた後に感じる学校の学習の良さ

「先生や友人との交流ができる」点が68%と高く、次いで「やる気を維持しやすい(36%)」「学習の習慣が身に付く(26%)」と感じている小中高生が多いという結果が見られた。

調査概要

調査対象

ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」(入門・基礎編全63レッスン)の限定版(無料)申し込み者(小中高生および保護者からの回答)

回答者数

223人

調査方法

インターネット調査法

調査期間

2020年3月18日~23日