NTT Com、企業向け「schoolTakt」を活用し新入社員研修をオンラインで実施

NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、新型コロナウイルスの拡大防止および、新入社員の安全を守る観点から、グループ会社である株式会社コードタクト(以下 コードタクト)の授業支援ツール「schoolTakt」の企業向けサービスを活用し、2020年度新入社員研修をオンラインで実施することを発表した。

自宅や離れた場所から、講師や社員同士が双方向にコミュニケーションできる研修環境を実現することで、知識やスキルの習得のみならず、新入社員間の円滑な人間関係づくりが可能な、距離を超えた働き方・まなび方を実現する。

NTT Comで実施した働き方・まなび方改革の知見やノウハウをソリューションとして提供することで、顧客業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に貢献する。

なお、同様の観点から、4月1日に予定しているNTT Comの入社式についても「Enterprise Cloud WebRTC Platform SkyWay」などの技術を活用し、オンラインで開催する。

概要

背景・目的

新型コロナウイルス拡大防止の観点から、NTT Comは全社的にテレワークを推進しており、3月中旬時点で6割以上の従業員が在宅勤務を実施している。

同時に、企業や教育機関に対してリモートワークソリューションやクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」などを提供することで、働き方・まなび方改革をサポートしている。

今回、コードタクトが提供する「schoolTakt」の企業向けサービスを活用し、新入社員向けの研修環境づくりに取り組む。

研修の概要

  • 実施期間:4月1日(水) ~4月17日(金) の平日
  • 研修内容:社内外講師の講話、各種グループワーク、成果発表会などを実施予定

動画を見るだけの一方向型の学習とは異なり、「schoolTakt」を活用することで在宅勤務中であっても双方向のコミュニケーションができる環境を実現し、知識習得に加え、オンラインで提出した課題に対する社員同士のフィードバックやグループワークなどを通じた人間関係の構築を可能とする。

入社式のオンライン開催について

従来、集合型で実施していた入社式についても、今年はオンラインで開催する。

今後の取り組み

NTT Comとコードタクトは、自らのDXや「Smart Education」の取り組みを通じて得られた知見やノウハウをソリューションとして提供することで、企業における社員育成やナレッジ共有、コミュニケーション円滑化などの働き方改革・まなび方改革を推進していく。

また、多拠点をつないだ遠隔双方向研修のプログラムの充実など、企業向け「schoolTakt」サービスの機能を拡充させていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。