ヒューマンリソシアが「92カ国をデータで見みるITエンジニアレポート」を発表、世界のIT技術者は約2,137万人、年3.35%増

​ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢)は、世界のITエンジニアについての調査結果を「92カ国をデータで見みるITエンジニアレポートvol.1 世界各国のIT技術者数まとめ」として発表した。

このレポートでは、各国の統計データなどをベースとした独自分析により、世界92カ国のIT技術者数は2,136万5千人、IT技術者数の増加率は年間約3.35%と推計。

IT技術者数では、米国、中国、インドといったIT大国に加え、北ヨーロッパ諸国をはじめとしたヨーロッパ地域の存在感が際立つ結果となった。

一方日本は、IT技術者数においては世界第4位であるものの、IT技術者数の伸び率は27位に留まる結果となった。

「92カ国をデータで見みるITエンジニアレポートvol.1 世界各国のIT技術者数まとめ」結果概要

  • 調査対象は92カ国、世界人口の84%以上をカバーしたグローバルレポート
  • 世界のIT技術者数は、推計2,136万5千人、国・地域別では1位米国、2位中国、3位インド
  • IT技術者の割合が高い北ヨーロッパ諸国、6カ国が世界トップ10位以内に入る
  • 世界のIT技術者数は、ヨーロッパ諸国が牽引し年間約3.35%ペースで伸長、日本は27位と伸び悩む

※このレポートでは、データを収集できた世界92の国・地域を対象に、国際労働機関(ILO)、経済協力開発機構(OECD)、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の公表データや、各国の統計データを用いている。出典元および地域分類についてはレポートの最後に記載。

※情報通信業就業者の中で、国際標準職業分類 の「専門職」、「技師、准専門職」に分類された人をIT技術者として算出している。

世界で働くIT技術者数は、推計2,136万5千人に

世界92カ国のIT技術者は、推計2,136万5千人となった。

地域別にみると、最もIT技術者が多いのは中国、インドといったIT大国を擁するアジア・オセアニア地域で、811.6万人。

次いで、477.6万人の北米(米国)、295.9万人の西ヨーロッパが続く(図表1)。

この結果、世界のIT技術者の約4割が、アジア・オセアニア地域で就業していることがわかる(図表2)。

また北米(米国)で就業しているIT技術者は、世界のIT技術者の2割強、ヨーロッパ全体のIT技術者は、世界の約3割を占めている。

IT技術者数トップは米国の477.6万人、2位中国、3位インド、日本は109万人で第4位に

各国のIT技術者数を国・地域別でみると、米国がトップの477.6万人、ついで中国の227.2万人、インドの212万人と続く。

この3カ国にて、世界のIT技術者の約43%を占めており、IT大国として大きな存在であることがわかる。

なお日本は109万人で、第4位。しかしながら、トップの米国の2割強、3位のインドと比較しても約半数に留まる結果となった。

IT技術者の割合が高い地域は、北ヨーロッパ、次いで米国

※IT技術者数が不明なベラルーシとカザフスタンは算出から除外

次に、全人口に占めるIT技術者の割合を地域別にみると、最も割合が高いのは北ヨーロッパの1.59%、次いで米国の1.47%、西ヨーロッパが1.12%と続く(図表4)。

なお、地域別で最もIT技術者数が多いアジア・オセアニアは0.20%と、人口に占めるIT技術者の割合は低いことがわかる。

今後各国のIT産業が成長することにより、IT技術者が多く生まれる可能性を秘めているといえるだろう。

※IT技術者数が不明なベラルーシとカザフスタンは算出から除外

IT技術者の割合が最も高い国はアイスランド、北ヨーロッパの国々が続く

※IT技術者の割合は、小数点第3位を四捨五入し算出

IT技術者の割合を国・地域別に見てみると、トップがアイスランドの2%、第2位以下は、スウェーデン、エストニア、アイルランド、フィンランドと、ヨーロッパの国が続く。

注目すべきは北ヨーロッパ諸国で、トップ10に6カ国がランクインする結果となった。

なお、IT技術者数において世界第2位、3位の中国とインドは、それぞれ67位、70位と、人口の多さが影響してか、IT技術者の割合は低い結果に。

また日本は、0.86%の32位で、アジア圏では、韓国(12位)、シンガポール(22位)、香港(24位)に続く4位となった。

※IT技術者の割合は、小数点第3位を四捨五入し算出

世界のIT技術者数は、年間3.35%の伸び、北ヨーロッパの伸びが目覚ましい

IT技術者数をデータが収集できる前年と比較し、人数ベースでの伸び率を算出したところ、世界のIT技術者数は年間3.35%増加していることがわかった。

これを地域別にみてみると、最もIT技術者数が伸びているのは北ヨーロッパの5.63%、そして中央・西アジア、東ヨーロッパと続いた(図表6)。

北ヨーロッパは、IT技術者の割合が高いうえに、技術者の人数も大きく増えている。

IT技術者数の伸び率が最も高い国は、ルクセンブルクとラトビア、日本は4.81%の27位

※IT技術者数の増加率は、小数点第3位を四捨五入し算出

IT技術者数の伸び率を国別にみてみると、最も高いのがルクセンブルクおよびラトビア、そして3位がベルギーとなり、ヨーロッパ各国の伸び率の高さが目立つ結果となった。

一方、IT技術者数トップ3においては、中国が8.59%の16位、インドが5.71%の22位、米国が3.22%の35位。

伸び率では上位ではないが、母数の規模からして、相当の拡大傾向であると言える。

なお、日本は4.81%で、世界平均である3.35%を上回ってはいるが、順位としては27位となった。

※IT技術者数の増加率は、小数点第3位を四捨五入し算出

調査に関する出典/備考

1)IT技術者について

情報通信業就業者の中で、国際標準職業分類 で「専門職」「技師、准専門職」に分類された人としている。

また、中国、インド、インドネシア、台湾、ニュージーランドの5カ国に関しては、IT技術者数を特定するデータを収集できなかったため、同地域の他15カ国における情報通信業就業者に占めるIT技術者の割合の平均値57.5%と同等にIT技術者が存在すると仮定して算出している。

なお米国については、米国労働省労働統計局データより「Computer and Mathematical Occupations」と「Computer and Information Systems Managers」の合計としている。

2)出典について

国際労働機関(ILO) 、経済協力開発機構(OECD)、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の統計データをおよび下記を元に算出。

  • 北米(米国):米国労働省労働統計局
  • 中国:「中華人民共和国国家統計局」データ
  • インド:NASSCOM, The IT Industry in India: Strategic Revie
  • 日本:「労働力調査」

3)地域の分類について(略称にて記載)

アジア・オセアニア(20カ国・地域):中国、インド、日本、韓国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、台湾、パキスタン、タイ、イラン、マレーシア、バングラデシュ、香港、シンガポール、スリランカ、ミャンマー、カンボジア、オーストラリア、ニュージーランド/北米(1カ国):アメリカ/中南米(14カ国):ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、ペルー、エクアドル、ボリビア、グアテマラ、ドミニカ共和国、コスタリカ、ウルグアイ、ホンジュラス、エルサルバドル、パナマ/西ヨーロッパ(9カ国):イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、アイルランド、ルクセンブルク/南ヨーロッパ(10カ国):スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシャ、セルビア、クロアチア、スロベニア、北マケドニア、マルタ、モンテネグロ/東ヨーロッパ(10カ国):ロシア、ポーランド、ウクライナ、ルーマニア、チェコ、ハンガリー、ベラルーシ、ブルガリア、スロバキア、モルドバ/北ヨーロッパ(8カ国):スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、ラトビア、リトアニア、エストニア、アイスランド/中央・西アジア(9カ国):トルコ、イスラエル、カザフスタン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、キルギス、アルメニア、カタール、キプロス/アフリカ(11カ国):エジプト、カメルーン、アルジェリア、エチオピア、ガーナ、セネガル、モザンビーク、モーリシャス、ザンビア、ルワンダ、マリ


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。