東京書籍・教育同人社・Lentranceの3者、『GIGAスクール構想』実現に向け「デジタル教科書」「デジタル教材」をリリース

東京書籍株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:千石 雅仁)、株式会社教育同人社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:森達也)、株式会社Lentrance(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石橋 穂隆)は、各社のデジタル教科書・デジタル教材・ICTプラットフォームを効果的に連携させ、「教科の学びを深め、教科の学びの本質に迫る」新しい学習方法を共同開発し、『GIGAスクール構想』の実現に向けて、2020年4月より学校現場に提供することを発表した。

東京書籍・教育同人社・Lentrance、共同開発の背景と概要

東京書籍・教育同人社・Lentranceの3社は、小学校の算数におけるICTを活用した指導と学習方法について共同研究してきた。

「紙」媒体である教科書と教材の利点と「デジタル」の利便性を踏まえ、「Lentrance®(レントランス)プラットフォーム」の機能を活かし、子どもたちの学びを深める理想的な形を追求すべく具現化を目指し、新学習指導要領が実施される2020年4月に向けて3社ではデジタル教科書・デジタル教材・ICTプラットフォームの製品化に取り組んできた。

算数は教科としての系統性が明確で、新たに学習する内容の土台はそれまでの既習事項であり、確実な学習の積み重ねが重視される教科である。

また、学習したことを絶えず教科書やノートなどで振り返って考えるといった“学習のしかたを身に付けること”が、学習効果を上げる大切な要素のひとつになる。

算数科の指導は、「授業ごとの目標」が設定された「教科書」に沿って授業が行われ、その後も「ドリル」などを使った自学自習を重ね、理解を深めていくという学習スタイルが多くの学校でとられている。

『GIGAスクール構想』では、「学習者用デジタル教科書・教材」の活用により効果的な授業の実践が期待されている。

児童は手元のPC上に図形や数直線などの図版を大きく映し、考察や比較などを書き込んだり動かしたりといった作業を通し、より捉えやすく思考しやすい学習環境を作ることが可能に。

3社はこうした教科書・教材のデジタル化と従来からの指導方法を組み合わせ、より高い効果が得られる学習スタイルを模索してきた。

今回リリースされる「デジタル教科書」「デジタル教材」は、「教科書」と「ドリル」が同じプラットフォームを使用することで、授業に使われる「教科書」と自学自習に使われる「ドリル」が密接な関係となり、円滑に自学自習を進め“学習のしかたを身に付けること”ができるもの。

『GIGAスクール構想』の実現に向け、インフラ・ハードウェアの充実が進む中で、3社は教科書・教材ほか、紙教材とデジタル教材の併用による新しい学習スタイルを提案し、学校現場での指導法に合致したコンテンツ提供及び実証研究を引き続き行っていく。

学習者用デジタル教科書

平成31年4月1日施行の改正学校教育法に基づく学習者用デジタル教科書。

紙の教科書と併用・代用して使用することが一定の条件のもとで可能。

ペンツールでメモを残したり、Web上の参考資料へのリンクを貼り付けたりすることができるアノテーション機能や、文字色や大きさ、行間などを調整し、児童が最も読みやすいようにカスタマイズできる特別支援機能を備えている。

また、紙面のDマークをクリックするだけで、連携するデジタルコンテンツを表示することも可能。

計算デジドリル2020(教材)

教育同人社発行「くりかえし計算ドリル」(東京書籍版3~6年)の付属品。

紙教材よりも詳しい計算の型分けや、型ごとのヒントを表示することができる。

※「くりかえし計算ドリル」は学校向けに販売している商品になるため、一般には購入できない。