LITALICOワンダー、春休みの自宅学習に最適なプログラミング教材の一部を無償提供

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)が運営する、年長~高校生向けのIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は、2020年4月30日(木)までの期間、オリジナル教材の一部を無償提供することを発表した。

新型コロナウイルス感染症対策として始まった小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校等の臨時休校に続いて春休みがスタートし、自宅で過ごす時間が増える時期。

発達が気になる子どもの子育てに関する情報を提供するポータルサイト「LITALICO発達ナビ」が行ったアンケート(※)によると、休校措置によって困ることの1位は、「子どもの学習機会が大きく減る」ことだった。

※<調査名>「新型コロナウイルスによる休校措置に関する意識調査」(2020年3月4日~8日)/<対象者>発達障害のある子どもを持つ保護者279名(子どもの年代:幼稚園5%、小学生72.8%、中学生11.5%)

このような状況を受けて、「LITALICOワンダー」は、全ての子ども達にわくわくする時間や、IT×ものづくりを体験する機会を提供するため、オリジナル教材の無償提供を決定。

4月からは、小学校のプログラミング教育必修化が本格的にスタートする。

LITALICOは新学期が始まる前の春休み、自宅で過ごす時間が増えるこのタイミングに、プログラミングの楽しさをひと足先に体験してもらいたいと考えている。

LITALICOワンダーの提供サービス概要

LITALICOワンダーが展開する「ゲーム&アプリ エキスパートコース」「デジタルファブリケーションコース」などの各コースから、オリジナル教材の一部を無償で利用できる。

入門レベルからハイレベルな内容まで、様々な子どもを対象に家庭での春休み中の自宅学習のサポートとして活用できる。

無償提供プログラム教材

  • ひらがなが読めなくてもOK!はじめてのお絵かきプログラミング【Viscuit】
  • 立体造形にチャレンジ!本格3Dモデリング【Tinkercad】
  • 3Dゲーム制作にチャレンジ!プロも使用する【Unity】

対象

年長~高校生までの子どもと家庭

ダウンロード期限

4月30日(木)

利用方法

以下のWebページよりメールアドレスを記入の上申し込み。返信メールに記載されたURLから教材をダウンロードできる。

LITALICOワンダーについて

IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は、幼児から高校生を対象として、 試行錯誤することを通じて「創造力」を育むことを目的に、2014年4月、渋谷に開校。

プログラミングやロボット、デジタルファブリケーションといったテクノロジーを活用したものづくりの機会を提供している。

2020年3月現在、17教室合わせて約3,000名の子どもたちが定期コースに通っている。