「THE世界大学ランキング日本版2020」発表。1位東北大学、2位京都大学、東京大学と東京工業大学が同率3位

世界で最も権威のある英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(以下「THE」)は、高等教育界に特化したデータ・分析・情報を提供し続けており、「世界大学ランキング」を2004年から発表している。

今回、THEはベネッセグループの協力のもと、大学の教学改革やグローバル化の推進に向けて、「THE世界大学ランキング日本版2020」を発表した。

ベネッセグループは2016年にTHEと業務提携契約を締結し、THEの国内総合パートナーとして協力してきた。

「THE世界大学ランキング日本版」は2017年3月に1回目の発表を行い、今年で4回目。

毎年9月にTHEが発表する世界版ランキングでは「研究力」を軸に据える一方で、日本版ランキングは、日本の教育事情により即した形で大学の魅力や特性が表れるように、大学の「教育力」を測る設計となっている。

昨年に続き、ランキング指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で構成されている。

一般的な国内の大学ランキングは、主に入学時の学力(合格基準)が軸になっているが、このランキングは学生の学びの質や成長性に焦点を当てたものとなっている。

大学ランキングについては、今回は278大学が対象となった。

その結果、2020年の総合ランキングでは、初めて東北大学(昨年3位)が1位に、京都大学(昨年1位)が2位に、東京大学(昨年2位)と東京工業大学(昨年7位)が同率3位、続いて5位に九州大学(昨年4位)、6位に北海道大学(昨年同率5位)がランクイン。

また、分野別ランキングの1位は、「教育リソース」が東京大学、「教育充実度」が国際教養大学、「教育成果」が京都大学、「国際性」が国際教養大学と、昨年から変化はなかった。

現在、日本国内では高等教育に関する3つの改革、「高大接続改革」「大学教育改革」「大学経営改革」が進められている。

このような中、大学では経営・教育へのPDCAサイクルの導入とデータ収集・分析を行うIRの活用などが、ますます必要になる。

また、国内の18歳人口が減少する中で、世界中の大学進学希望者に日本の大学の魅力を多様な側面から伝えていくことは非常に重要である。

THEおよびベネッセグループは、大学ランキングを順位そのものにとどめることなく、大学独自の魅力や特性を客観的に把握するツールとして、大学改革でのプロセスで活用してもらいたいと考えている。

THE世界大学ランキング日本版2020【ランキング指標】

今年度のランキング指標は、昨年度から変更なし。

昨年度から、指標における「教育充実度」の充実を図る目的で、“教員・学生の交流、協働学習の機会”、“授業・指導の充実度”、“大学の推奨度”の3つの学生調査の結果が指標項目に加わっている。

指標の補足説明

THE世界大学ランキング日本版2020【総合順位】(50位まで抜粋)

【順位】 2020総合 / 昨年総合 / 大学名 / 【スコア】総合Overall / 教育リソースResources / 教育充実度Engagement / 教育成果Outcomes / 国際性Environment

1 / 3 / 東北大学 / 83.0 / 84.1 / 80.6 / 96.6 / 73.9
2 / 1 / 京都大学 / 81.5 / 83.4 / 78.7 / 98.4 / 69.1
=3 / 2 / 東京大学 / 81.2 / 86.5 / 79.8 / 94.1 / 64.0
=3 / 7 / 東京工業大学 / 81.2 / 80.1 / 80.8 / 92.8 / 74.5
5 / 4 / 九州大学 / 79.7 / 76.4 / 79.9 / 97.4 / 70.9
6 / =5 / 北海道大学 / 79.6 / 73.8 / 83.4 / 94.1 / 72.3
7 / =5 / 名古屋大学 / 79.5 / 78.2 / 80.5 / 96.1 / 66.9
8 / 8 / 大阪大学 / 78.9 / 78.0 / 77.2 / 97.9 / 68.1
9 / 9 / 筑波大学 / 77.7 / 74.1 / 84.9 / 94.4 / 59.6
10 / 10 / 国際教養大学 / 77.2 / 52.8 / 93.0 / 71.0 / 100.0
11 / 11 / 国際基督教大学 / 74.3 / 52.8 / 90.5 / 60.6 / 97.6
12 / 12 / 広島大学 / 72.6 / 66.5 / 79.0 / 78.4 / 68.9
13 / 13 / 早稲田大学 / 71.5 / 52.7 / 79.3 / 93.0 / 74.6
14 / 14 / 慶應義塾大学 / 70.2 / 60.8 / 76.3 / 93.7 / 58.2
15 / 16 / 神戸大学 / 69.5 / 66.1 / 75.4 / 83.4 / 55.5
16 / 15 / 一橋大学 / 67.4 / 51.3 / 78.4 / 76.6 / 70.9
17 / 21 / 長岡技術科学大学 / 67.1 / 61.4 / 69.3 / 68.4 / 72.1
=18 / 18 / 金沢大学 / 66.9 / 65.9 / 76.5 / 58.4 / 61.0
=18 / 22 / 東京農工大学 / 66.9 / 69.8 / 68.5 / 69.4 / 57.4
20 / 17 / 上智大学 / 66.5 / 43.4 / 82.8 / 66.3 / 81.3
=21 / 27 / 立命館アジア太平洋大学 / 66.2 / 33.7 / 84.3 / 60.4 / 99.0
=21 / 20 / 東京外国語大学 / 66.2 / 43.3 / 81.5 / 66.8 / 81.9
23 / 19 / 千葉大学 / 65.9 / 63.3 / 75.9 / 72.0 / 50.2
24 / 26 / 会津大学 / 65.0 / 63.9 / 76.8 / 33.9 / 74.0
25 / 25 / お茶の水女子大学 / 64.8 / 64.2 / 76.9 / 55.7 / 55.0
26 / 31 / 京都工芸繊維大学 / 64.3 / 59.3 / 67.1 / 65.4 / 67.8
27 / NR / 熊本大学 / 64.2 / 63.6 / 70.9 / 59.3 / 59.1
28 / 24 / 岡山大学 / 63.9 / 60.6 / 71.9 / 61.0 / 60.0
=29 / 32 / 東京海洋大学 / 63.6 / 63.1 / 69.4 / 63.6 / 55.7
=29 / 23 / 東京医科歯科大学 / 63.6 / 84.2 / 58.2 / 29.4 / 64.0
31 / 28 / 横浜国立大学 / 63.2 / 54.0 / 70.2 / 72.6 / 60.8
32 / 29 / 豊橋技術科学大学 / 63.1 / 68.5 / 61.7 / 45.2 / 70.6
33 / 33 / 立命館大学 / 62.3 / 42.3 / 78.8 / 68.5 / 66.8
34 / =41 / 豊田工業大学 / 61.9 / 76.8 / 56.1 / 57.8 / 48.6
35 / 44 / 芝浦工業大学 / 61.3 / 48.8 / 71.5 / 61.6 / 66.9
=36 / 34 / 神田外語大学 / 61.2 / 35.8 / 82.6 / 55.5 / 76.8
=36 / 30 / 横浜市立大学 / 61.2 / 69.8 / 69.9 / 47.1 / 44.9
38 / NR / 九州工業大学 / 61.1 / 56.4 / 74.0 / 59.4 / 51.0
39 / 36 / 東京理科大学 / 60.7 / 55.6 / 78.6 / 69.5 / 35.6
40 / =46 / 福岡女子大学 / 60.3 / 49.4 / 71.9 / 32.1 / 83.8
41 / 43 / 電気通信大学 / 60.2 / 64.9 / 62.0 / 65.1 / 45.4
42 / 39 / 首都大学東京 / 59.7 / 58.4 / 69.8 / 64.0 / 43.0
43 / 40 / 長崎大学 / 59.3 / 59.5 / 68.4 / 56.0 / 47.9
44 / =57 / 津田塾大学 / 58.9 / 38.2 / 79.4 / 57.8 / 64.0
=45 / 35 / 同志社大学 / 58.8 / 40.9 / 77.4 / 63.7 / 57.2
=45 / 37 / 関西学院大学 / 58.8 / 40.1 / 76.7 / 57.7 / 64.4
=47 / =48 / 秋田大学 / 58.6 / 58.2 / 64.8 / 60.7 / 48.4
=47 / =41 / 立教大学 / 58.6 / 38.2 / 79.4 / 56.8 / 63.6
=49 / =48 / 学習院大学 / 58.4 / 43.3 / 70.8 / 62.6 / 62.4
=49 / 38 / 大阪市立大学 / 58.4 / 65.8 / 62.4 / 65.6 / 34.1

※順位横の「=」表記は、同順位であることを示している。同順位の場合はアルファベット順で掲載。

※「NR」は、2019版ではランキング対象校でなかったことを示す。

THE世界大学ランキング日本版2020【分野別順位】(20位まで抜粋)

※「昨年」は昨年の順位。

※順位横の「=」表記は、同順位であることを示している。同順位の場合はアルファベット順で掲載。

※「NR」は2019版ではランキング対象校でなかったことを示す。

THE Chief Knowledge Officer:Phil Batyによるコメント

受験生の大学選びの主な要因として、大学の教育面の価値を見落とすことはできません。大学選びは、若者にとって最も重要な局面の一つであり、彼ら彼女らのキャリアの選択や機会、社会貢献など、今後の人生に大きな影響を与えます。

2017年にTHE世界大学ランキング日本版が発表されて以来、初めて 昨年3位であった東北大学がトップに上りつめました。理由としては、 教育成果の評判調査スコアの大幅な変化のほか、多くの改善が挙げられます。過去2年にわたって1位の座を占めた京都大学は今年2位となり、引き続き上位において確固たる地位を築いています。また、東京工業大学のパフォーマンスが大いに向上して7位から3位と4位上昇、 トップ10の中で最も大きな変動となりました。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。