日本ディープラーニング協会、JDLA認定プログラムの実施事業者が提供する学習コンテンツを無料公開

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」(理事長:松尾 豊 以下JDLA)は、ディーブラーニングを実装するエンジニア人材の資格試験である「E資格」の取得に受講が必要なJDLA認定プログラムの実施事業者から協力を得て、期間限定で無料提供するオンライン学習コンテンツをホームページ上で公開したことを発表した。

E資格オンライン学習コンテンツ無料提供の概要

この取組は、新型コロナウィルスの感染拡大により不要の外出を控える社会人や学生に、人工知能の研究分野のひとつであり産業活用が進む「ディープラーニング」を学ぶきっかけを提供したいという思いにより実現。

公開した学習コンテンツには、データサイエンティスト育成コースやG検定対策に役立つ模擬試験のほか、ディープラーニング入門講座、Python入門講座などE資格取得に受講が必要なJDLA認定プログラムの一部も含まれている。

期間限定で無料提供される学習コンテンツ一覧

  • G検定模擬テストと公式例題解説(Study-AI株式会社)
  • G検定対策講座(AIドルと学ぶ期間限定イベント)(Study-AI株式会社)
  • ビジネスへのAI活用を見据えたAIビジネスコースの一部(60分無料公開)(株式会社AVILEN(アヴィレン))
  • 実務レベルのデータサイエンティストを育成する開発コースの一部(150分無料公開) (株式会社AVILEN(アヴィレン))
  • 機械学習のためのPython入門講座(スキルアップAI株式会社)★
  • 現場で使えるディープラーニング基礎講座(スキルアップAI株式会社)★
  • G検定 試験対策 体験コース(株式会社zero to one(ゼロ・トゥ・ワン))
  • E資格 試験対策 体験コース(株式会社zero to one(ゼロ・トゥ・ワン))★

★印はJDLA認定プログラムの一部だが、当該プログラムのみではE資格の受験資格は与えれない。

※「JDLA認定プログラム」は高等教育機関や民間事業者が提供する教育プログラムで、日本ディープラーニング協会が別途定める基準及びシラバスを満たすもの。

JDLA資格試験について

JDLAでは、ディープラーニングの知識を有し、「事業活用する人材(ジェネラリスト)」と、「ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)」の育成を目指している。

ジェネラリスト

「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」と定義し、2020年までに10万人規模で輩出することを目指し、知識面から育成を支援する活動に取り組んでいる。

エンジニア

「ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材」と定義し、2020年までに3万人の輩出を目指している。

JDLA(日本ディープラーニング協会)について

JDLAは、ディープラーニングを事業の核とする企業が中心となり、ディープラーニング技術を日本の産業競争力につなげていこうという意図のもとに設立。

ディープラーニングを事業の核とする企業および有識者が中心となって、産業活用促進、人材育成、公的機関や産業への提言、国際連携、社会との対話 など、産業の健全な発展のために必要な活動を行っている。