明光ネットワークジャパン、休校中の子どもの学習・生活習慣をサポートする「みんなの”ほぼ”学校」を無料公開

個別指導の学習塾「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(本社︓東京都新宿区、代表取締役社⻑︓⼭下 ⼀仁)は、 2020年3⽉9⽇(⽉)より、休校期間中の⼦どもの⾃宅での学習習慣・⽣活習慣をオンラインでサポートするサービス「みんなの”ほぼ”学校」を、期間限定で通塾⽣以外にも無料で公開したことを発表した。

オンライン学校「みんなの”ほぼ”学校」概要

全国の学校が休校になるに伴い、学校から沢⼭の宿題が出たり、各社が⾃宅学習⽤の教材を無料公開して、利⽤できる教材はあふれている。

しかし休校になった⼦どもの保護者たちは、「宿題が出ているだけでは⼦どもは全然机に向かわない」「勉強以前に朝寝坊や夜更かしなど、⽣活リズムの乱れが⼼配」と困っている。

この悩みに応えて、「⾃宅で⼦どもが⾃主的に宿題教材やコンテンツを使って勉強できるように」し、「楽しみながら⽣活リズムを整えられる」、⼩中学⽣の学習習慣・⽣活習慣⽀援オンラインサービスを公開することになった。

「みんなの“ほぼ”学校」 は、「昼休み」や「⾃習時間」の時間も設けるなどし通常の学校⽣活と“ほぼ“変わらない⽣活リズムで、オンラインで⾃宅学習ができるサービス。

⼦どもがコメントで意⾒を寄せることもできる”ほぼ”学校。

授業は、⼩学校・中学校で本来3⽉の授業で取り上げられる予定だった範囲を、オンライン授業で⼩学⽣/新中学1年⽣/新中学2年⽣/新中学3年⽣の学年別に配信する。

配信期間

3月9日(月)~3月13日(金)

配信方法

オンライン会議システム「Zoom」

公式Webサイトにオンライン授業のリンクを設置

対象

小学生・新中1・新中2・新中3生(通塾生以外にも公開)

子どもの自宅での学習習慣・生活習慣のサポートを目的とし映像授業は、本来学校で3月実施予定だった単元を中心に配信予定。