チエルと「Clear」運営のアルクテラスが業務提携、高校生の進路情報提供事業において新サービスを展開へ

学校教育向けのICT利活用を支援する、チエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:川居睦、以下「チエル」)は、アルクテラス株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:新井 豪一郎、以下「アルクテラス」)と3月9日、資本業務提携に関する基本合意書を締結したことを発表した。

この提携によりチエル及びチエルグループである株式会社昭栄広報(以下「昭栄広報」)とアルクテラスは、それぞれが有するアセットやノウハウを生かし、高校生の進路決定に関わる進路情報提供事業において新サービスの展開を開始する。

チエルとアルクテラス、資本業務提携の背景と目的

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年2月27日に安倍総理大臣は全国すべての小中学校や高校などについて、同年3月2日以降臨時休校を要請した。

これに伴い、多くの学校では臨時休校とする動きが見られている。

さらに、大型イベントの自粛等に伴い、進路ガイダンスイベントも中止・規模縮小を余儀なくされており、高校生の進路に関わる情報をウェブ上で提供する必要性が増してきている。

このような状況を受け、チエルはアルクテラスとの資本業務提携を通じて、チエルグループである昭栄広報が、高校生向け進学相談会等で使用する進路に関するアセットやノウハウをアルクテラスに提供することに基本合意に至った。

アルクテラスは、日本の毎月100万人以上の中高生が利用する勉強ノートまとめサイト『Clear』内において、高校生向けに進路に関する情報を提供する「進路選び」科目を新設し、昭栄広報のアセットを活用した情報発信を高校生ユーザに向けて行う。

アプリ版およびWeb版Clearでは、進路情報を必要とする高校生であれば誰でも閲覧できるようにする他、Clearユーザによる進路に関するノートの投稿促進も行う。

また、アルクテラスは、今後、昭栄広報が開設を予定する進路に関するポータルサイト等*をClear内で紹介することで、勉強以外にもClearの高校生ユーザが必要とする進路の網羅的な情報を提供していく。

両社は今後も、この提携を通じて高校生や保護者にとっても利便性の高いサービスを構築することで、高校生の進路に関わる情報の効率的な提供に努めていく。

*進路に関するポータルサイトは2021年1月開設、Youtubeチャンネルは2020年3月下旬開設予定。