アーテック、家庭学習に活用できるデジタルそろばん速習コンテンツ「デジそろ」などの教材を無料公開

幼稚園・保育園及び小学校・中学校・高校教材の総合メーカー、株式会社アーテック(本社所在地:大阪府八尾市、代表取締役社長:藤原 悦)は、コロナウイルスによる全国一斉休校を受け、2020年3月9日より家庭学習に活用できる教材を無料公開したことを発表した。

無料公開された教材の概要

デジタルそろばん速習コンテンツ「デジそろ」(全レッスン)

「デジそろ」は陰山英男氏監修の算数トレーニング「すうトレ」と合わせ、パソコンでそろばん学習ができるオンライン学習コンテンツ。

通常は全国の加盟教室で受講可能な全てのレッスンを期間限定・無料で利用できる(3月9日~4月24日)。

「自考力キッズ」パズル学習コンテンツ

「かたちあわせパズル」「つみきパズル」「りったいパズル」など、オリジナル知育ブロック「アーテックブロック」をつかって図形学習ができるパズルコンテンツ。

プログラミング教室「自考力キッズ」加盟教室で受講可能な学習コンテンツの一部を無料で利用できる(無期限)。

「スタディーノではじめるうきうきロボットプログラミング Kindle版」

日経BPから刊行されている阿部和広氏監修の人気書籍“うきプロ”のKindle版を期間限定(3月6日~3月19日)で無料公開。

アーテックでは、新型コロナウイルス感染拡大による小学校・中学校・高校休校などの状況を鑑み、家庭で過ごしている全国の子ども達に少しでも楽しく学習に取り組んでもらえるようにとの思いから、今回の対応を決定。

これからもアーテックは、より多くの子どもたちが楽しみながら学べるコンテンツの制作に取り組んでいく。