「LITALICO発達ナビ」障害のある子ども向けの福祉施設や学童を対象に研修教材サービスの一部を無償提供

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)は、新型コロナウイルス感染症対策のための小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校等における一斉臨時休校を受け、2020年3月6日(金)~4月5日(日)までの期間、児童発達支援事業所や放課後等デイサービス事業所等の障害のある子ども向けの福祉施設や学童を対象に「LITALICO発達ナビ 研修教材サービス」の一部を無償提供することを発表した。

発達が気になる子どもの子育てに関する情報を提供するポータルサイト「LITALICO発達ナビ」は、全国の児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所といった福祉施設向けに業務支援を行っている。

LITALICOはサービスの一つとして提供している研修教材サービスの内、特別支援のプログラム教材の一部を無償提供することで、支援員の人員確保などの対応に追われる福祉施設を応援する。

「LITALICO発達ナビ」研修教材サービス 一部無償提供の概要

この企画では、発達が気になる未就学~高校生向けのプログラム教材7,000アイテムの内の一部を期間限定、無償で利用できる。

プログラム教材

  • 計算や文字の読み書きなどの学習プログラム
  • 室内で身体や手先を動かす運動プログラム
  • 集団で遊べるソーシャルスキルゲーム など

対象施設

児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所・学童

提供期間

2020年3月6日(金)~4月5日(日)

企画実施の背景

2020年2月27日に開催された「第15回新型コロナウイルス感染症対策本部」において、安倍晋三総理大臣が、全国の小学校・中学校、高校及び特別支援学校等に、2020年3月2日から春休みに入るまで臨時休校を要請する考えを表明した。

特別支援学校も臨時休校の対象に含まれることから、障害のある子ども向けの施設や学童では、通常以上の通所希望の受入れや預かり時間の延長など、急な対応を迫られている。

障害のある子どもを受け入れる施設では、子ども一人一人の特性や個性に合わせたプログラムを実施しており、専門的な対応も必要とされるため、現場の負担は増大している。

このような状況を受け、LITALICO発達ナビでは日々の指導プログラムの準備における福祉施設の現場スタッフの負担を軽減、児童にとって少しでも楽しく安心できる日々となる一助になれるよう、プログラム教材の無償提供を決定した。

利用方法

以下のWEBサイトから、必要事項を記載し申し込み。 ※申込み後の審査(約3日間)を経て利用開始。