スマートに学べる問題集「Libry」、啓林館の中学校数学教科書・問題集をデジタル化

スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」を開発する、株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠)は、中学校数学教科書『未来へひろがる数学1』と準拠問題集『未来へひろがる数学問題集1』(発行:株式会社新興出版社啓林館)のリブリー版を2020年9月にリリースすることを発表した。

また、一緒に利用できる数学入試問題セット(約3,400問 )も同時にリリース。

なお、『未来へひろがる数学』シリーズの簡易体験版は現在無料で試すことができる。

Libry、中学校数学教科書『未来へひろがる数学1』と準拠問題集『未来へひろがる数学問題集1』リリースの背景と内容

スマートに学べる問題集「リブリー」は、既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいた個別最適化学習ができる「デジタル教材」。

現在、500校以上の中学校・高等学校に提供されている。

今回、文部科学省が発表した「GIGAスクール構想」を受けて、「リブリー」では中学校教科書・教材を本格的に拡充することとなった。

これまで中学校向けの教材としては、新興出版社啓林館の中高一貫校向け検定外教科書・問題集『システム数学1・2(代数編・幾何編)』等が対応していたが、中学校検定教科書のリブリー化は今回の『未来へひろがる数学1』が初めて。

まずは、新興出版社啓林館の中学校数学教科書『未来へひろがる数学1』と準拠問題集『未来へひろがる数学問題集1』のリブリー版を2020年9月にリリース。

また、これらとあわせて、約3,400問の数学入試問題セットも同時にリリースする。

この数学入試問題セットは、株式会社英俊社の発行する高校入試過去問題集から数学の問題をピックアップしたもので、『未来へひろがる数学1』『未来へひろがる数学問題集1』とセットでのみ利用できる。

コンテンツは以下のとおり。

パック

コンテンツ

パック1
  • 『未来へひろがる数学1』
  • 『未来へひろがる数学問題集1』
パック2
  • 『未来へひろがる数学1』
  • 『未来へひろがる数学問題集1』
  • 数学入試問題セット(約3400問)

『未来へひろがる数学』シリーズ 簡易体験版 無料トライアル実施中

現在、『未来へひろがる数学』シリーズ(1,2,3)の簡易体験版を無料でトライアルできる。

無料トライアルの詳細については要問合せ。

GIGAスクール構想について

「GIGAスクール構想」とは、1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、特別な支援を必要とする子供を含め、多様な子供たち一人一人に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を構築する構想。

「GIGAスクール構想の実現」に2019年度補正予算案では2318億円が盛り込まれた。

文部科学省の提示するロードマップでは、2020年度までに小5~中1、2021年度までに中2~中3、2024年度までに小3~小4、2025年度までに小1~小2に1人1台環境を整備することとされている。

文部科学省の「GIGAスクール構想」を受けて、「リブリー」のGIGA特設サイトでは採用校の事例を掲載している。

スマートに学べる問題集「リブリー」について

スマートに学べる問題集「リブリー」は、GIGAスクールに最適な「デジタル教材」。

提携出版社の発行する教科書・教材をデジタル化し、学習履歴に基づいた個別最適化学習ができるAIドリル機能で、生徒がより効率的に学べるようサポートする。

現在、「1人1台」端末環境を整備している中学校・高等学校を中心に500校以上に提供されている。

学校で導入すると、生徒向けコンテンツと合わせて、「リブリー」の学習履歴の確認や宿題の配信・回収・集計ができる先生用管理ツールも利用できる。

授業準備や宿題対応などの業務が効率化され、校務負荷軽減や先生の働き方改革につながる。

「リブリー」の特徴

  1. 信頼と実績のある教科書・教材をそのままデジタル化
  2. 一人ひとりの学習履歴に基づいて個別最適化された問題を提示することで、応用力の強化、記憶の定着、弱点の補強を図る
  3. 先生用管理ツールで、授業準備や宿題対応などの業務を効率化し、校務負荷軽減や先生の働き方改革に貢献

「リブリー」は、個別最適化学習ができるAIドリル機能と、学習履歴の確認や宿題の配信・回収・集計ができる先生用管理ツールで、「GIGAスクール構想」が掲げる「公正に個別最適化された学び」の実現に貢献する。