Snapask Japan、小中高生向けにオンライン家庭教師アプリ スナップアスクのQ&Aサービスを無償提供

Snapask Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:Timothy Yu)は、新型コロナウイルス感染症の影響拡大により在宅学習をすることになった全国の小中高生に向けて、難関大学のチューターに対してわからない問題の質問が即座にできるスナップアスクのQ&Aセッションサービスを無償提供することを発表した。

Snapask Japanは教育✖️テクノロジーによりスマホ1つあれば、誰しもが目標達成のために効率的に、プロアクティブに学習できるオンライン家庭教師アプリ スナップアスクを運営している。

今回、全国規模で多くの小学校、中学校、高校が休校となった。

さらに予備校や塾も相次いで休講を発表されている。

生徒、保護者様及び教育関連に携わる人々は子供たちの生活や勉強のサポートのため協力しながら奔走していることだろう。

この緊急事態にSnapask Japanとしても自宅等で自習学習する生徒のサポートが少しでもできればと考え、わからない問題の質問や勉強方法の相談などをできるツールとして利用できる、スナップアスクのQ&Aセッションサービスを無料提供することを決定した。

スマートフォンでアプリをインストールし、登録するだけですぐに利用できる。

実施概要

サービス内容

スナップアスク Q&Aセッションの1ヶ月分チケットの無料付与(3月末まで使用可能)

対象

全国の小学生、中学生、高校生

期間

2020年3月6日~31日

質問可能教科

  • 小学生:国語、算数、理科、社会、英語
  • 中学生:国語、数学、理科、社会、英語
  • 高校生:国語、数学(Ⅰ,A,Ⅱ,B,Ⅲ)、英語、生物、物理、化学、地理歴史

推奨環境

  • iOS:iOS 10以上を搭載したiPhone
  • Android:Android 5.0以上を搭載した端末
  • PC:Google Chrome(最新版)

スナップアスクとは

問題を撮って、質問して、学ぶ。どこにいても、すぐにチューターとのマンツーマンセッションを受けられる。

スナップアスクは放課後の学習サポートのため、2015年に香港でローンチされ、世界8カ国で300万人以上の生徒と難関大学出身の35万人のチューターを繋げてきた。

チューターによるサポートに加え、大学入試対策のトピックの学習動画やコースを提供している。

生徒は個別化された学習メニューで自分のペースでいつでも学ぶことができる。