小学館とクラーク記念国際高校、自宅学習に活用できるスマホ・タブレット教材を無償で提供

学校法人創志学園 クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:三浦雄一郎)と株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)は、新型コロナウィルス感染症拡大による休校要請を受けて、中学1年から高校入学まで一貫した『基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)』において、2020年3月9日14時より自宅での家庭学習に活用できるスマホ・タブレット教材を無償で提供することを発表した。

クラーク記念国際高等学校と小学館は小中高校への休校要請などの現状を鑑み、家庭で過ごす時間が多くなり、学習の遅れも気になる中学生と保護者の不安を少しでも取り除き、生徒ひとりでも楽しく学習に取り組んでもらいたいとの思いから、以下『基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)』のスマホ・タブレット教材を3月9日(月)14時~一斉休校の状況をみながら4月中旬頃まで無償開放を実施することを決定したという。

『基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)』概要

『基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)』とは、クラーク記念国際高等学校で学び直しとして開発されたタブレットで学習する教材。

「WEB上で自分の弱点(過去履修してきたのに理解していない・不得意な部分)をチェックできる」「先生が生徒の進捗状況や成績により、一人ひとりの学習内容を考えることができる」デジタル教材である。

中学1年~高校入学までの生徒が対象で、扱っている教科は、

  • 漢字(小学1年生~高校卒業レベル、常用漢字1,945字)
  • 算数・数学
  • アルファベット練習
  • 英語(単語)・英語(文法)

で構成されている。

スマホ・タブレットの画面を見ながら、手書きで入力し解答するというスタイルで取り組む。

クラーク記念国際高等学校では初等教育の基礎学習から難関大学進学対策まで、一人ひとりのニーズに合わせて取り組める「家庭学習用ウェブ学習システム」を導入している。

義務教育分野の手書き入力自動採点の教材として、クラーク記念国際高等学校と小学館で共同開発したコンテンツ。

計算・数学・英語文法・英単語はそれぞれ40単元に、漢字は9レベル310単元に分け、義務教育範囲のすべての総復習ができるようカリキュラムが組まれている。

「手書き入力」なので、理解が確実に定着。採点結果は蓄積され、クラーク記念国際高校約10,000名と競い合いながら基礎学力の定着に向けて学習を進めていくことができる。

※利用にはメールアドレス、都道府県、利用者の性別・生年月日の登録が必要。登録情報は本コンテンツの無償開放期間の使用者フォローのみに利用し、その他の目的では利用されない。