デジタルハリウッド大学大学院の「コンテンツ教育学会」、2019年度春季研究大会を3月16日に開催

デジタルハリウッド大学大学院は、同大学教授の高橋光輝が理事長を務める「コンテンツ教育学会」主催による春季研究大会を3月16日(月)に開催することを発表した。

デジタルハリウッド大学大学院では、[SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]4要素の融合をコンセプトとして、デジタルコミュニケーションを駆使し、社会に新しい産業や文化を生み出すリーダーを輩出している。

この研究大会は第4回を数え、多様な研究発表が揃ってきた。近年のコンテンツ産業の賑わいを垣間見られるプログラムとなっている。

コンテンツ教育学会 2019年度春季研究大会 開催概要

日時

2020年3月16日(月)13:00~16:00(予定) ※12:30開場

会場

デジタルハリウッド大学大学院

プログラム

  • 12:30 開場
  • 13:00 デジタルハリウッド大学 助教 ブランセ・マイケル「オランダのゲーム産業における10年間の急成長とその要因について」
  • 13:20 デジタルハリウッド大学 教授 高橋光輝 「日本のコンテンツ産業と海外展開の課題」
  • 13:40 文化ファッション大学院大学 ファッションマネジメント専攻 ファッション経営管理コース 2年 金 聖洙(キム ソンス) 「IT技術の進化とVMDの未来」
  • 14:00 文化ファッション大学院大学 ファッションマネジメント専攻 ファッション経営管理コース 2年 李 惠圓(イ ヘオン) 「激変する社会におけるファッション業界の現状と今後」
  • 14:20 文化ファッション大学院大学 ファッションマネジメント専攻 助教 山岡真理「テキストマイニングを活用したスカート特許の現状分析」
  • 14:40 湘北短期大学総合ビジネス・情報学科  志村茜 遠藤帆乃香 小澤洸樹 落合光一 髙梨寛也 高柳百香 竹林晴香 矢崎葵 高木亜有子「シムランドからの脱出」制作報告
  • 15:00 城西国際大学 メディア学部 助教 中川晃「地方創生におけるメディア教育のありよう〜いすみ鉄道のプロモーション映像収録事例〜」
  • 15:20 東京通信大学 人間福祉学部 助手 森 佳奈枝「学生のキャリア形成に資する卒業論文執筆支援の検討」
  • 15:40 閉会挨拶

※上記のプログラムは主催者の都合により変更になる場合あり。また、新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止・縮小する場合がある。