スマートに学べる問題集「Libry」、東京書籍の高校理科教材『ニューグローバル』基礎シリーズを提供開始

スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」を開発する、株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠)は、2020年4月、東京書籍株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:千石 雅仁、以下、東京書籍)の発行する高校数学に続き、高校理科の学校採用問題集『ニューグローバル』シリーズの『ニューグローバル物理基礎』、『改訂 ニューグローバル化学基礎』、『改訂 ニューグローバル生物基礎』のリブリー版を提供開始することを発表した。

Libry、高校理科の学校採用問題集『ニューグローバル』シリーズ提供の概要

スマートに学べる問題集「リブリー」は、既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいた個別最適化学習ができる「デジタル教科書・教材」。

端末は種類を問わず、「1人1台」端末環境を整備している中学校・高等学校を中心に、500校以上で活用されている。

『ニューグローバル』シリーズは、基礎基本の内容から入試問題までを段階を踏んで配列することで、入試レベルの力を無理なく身につけることができる問題集。

リブリー版の登場により、PC・タブレット・スマホで、スマートに学習できるようになる。

今回の追加により、2020年4月より「リブリー」で利用できる東京書籍の教材は、

  • 高校数学の学校採用問題集『NEW ACTION LEGEND』シリーズ(数学Ⅰ+A,Ⅱ+B,Ⅲ)
  • 『改訂版ニューアクションβ』シリーズ(数学Ⅰ+A,Ⅱ+B,Ⅲ)
  • 高校理科の学校採用問題集『ニューグローバル』基礎シリーズ(物理基礎、改訂 化学基礎、改訂 生物基礎)

となる。

スマートに学べる問題集「リブリー」について

スマートに学べる問題集「リブリー」は、GIGAスクールに最適な「デジタル教科書・教材」。

提携出版社の発行する教科書・教材をデジタル化し、学習履歴に基づいた個別最適化学習ができるAIドリル機能で、生徒がより効率的に学べるようサポートする。

学校で導入すると、生徒向けコンテンツと合わせて、「リブリー」の学習履歴の確認や宿題の配信・回収・集計ができる先生用管理ツールも利用できる。

授業準備や宿題対応などの業務が効率化され、校務負荷軽減や先生方の働き方改革につながる。

「リブリー」の特徴

  1. 信頼と実績のある教科書・教材をそのままデジタル化
  2. 一人ひとりの学習履歴に基づいて個別最適化された問題を提示することで、応用力の強化、記憶の定着、弱点の補強を図る
  3. 先生用管理ツールで、授業準備や宿題対応などの業務を効率化し、校務負荷軽減や先生の働き方改革に貢献