コミュニケーションロボットのユカイ工学、東京ガス等4者から総額5億円を調達

コミュニケーションロボットやIoTプロダクトの企画、製造、販売を主体に事業展開を提供するユカイ工学株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 青木俊介、以下「ユカイ工学」)は、

  • 東京瓦斯株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 内田 高史、以下「東京ガス」)
  • 株式会社式会社フュートレック(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 浦川 康孝、以下「フュートレック」)
  • 日本ベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 多賀谷 実、以下「NVCC」)
  • 株式会社環境エネルギー投資(本社:東京都品川区、代表取締役社長 河村 修一郎、以下「EEI」)

の4社から事業拡大加速資金として合計5億円の出資を受けたことを発表した。

今回の調達により、ユカイ工学の累計調達額は約6億円になる。

東京ガス、フュートレック、NVCC、EEIの4社とは、それぞれユカイ工学の技術を活用したビジネス開拓に取り組み、さらなる事業拡大を進めていく。

資金調達の背景・狙い

ユカイ工学は、2007年に創業、「ロボティクスで、世界をユカイに」をビジョンに掲げ、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」をはじめ、人の生活に寄り添うユニークな製品を開発し続けているベンチャー企業。

今期からは「kurikit(クリキット)」というシリーズの教育事業を立ち上げ、初めてのロボット制作やプログラミングの技術学習を目指す全ての人に向け、楽しみながら気軽に「学び」にチャレンジできる体験を提供している。

コミュニケーションロボットの市場規模は、NEDO「2035年に向けたロボット産業の将来市場予測」(2010年)によると2025年に2兆円に達すると予測されており、2018~2019年に弊社も複数の企業様と、BOCCOを用いた実証実験を共同で実施してきた。

そこで見えてきたのは、たった数か月でBOCCOが人々の生活の一部に溶け込んで、「無くてはならない存在になっている」事であり、確かな手応えを感じていた東京ガス等と、高齢者や子育て支援の実サービスを開始することができた。

そして今、立ち上がりつつあるその市場を、見守り含め、他の利用シーンに一気に拡大するため、パートナー企業との長期的、かつ戦略的提携が必須と考え、今回、第三者割当増資による資本提携を締結することとなった。

今回の増資に伴い調達した資金は、ユカイ工学のビジョンの実現に向けたロボティクスに関する研究開発や人材の採用・育成に充当される。

資本提携を行った各社とは事業連携をより強化することを通じて、将来的には上場を目指す方針。

ユカイ工学代表 青木俊介氏コメント

ユカイ工学は、ロボットを「ココロを動かす機械」と定義しています。擬人化することができ、「うれしそう」とか「さみしそう」とか、人間の感情を呼び起こすものであると考えています。コミュニケーションロボットの本質的な機能は、人の感情をセンサで分析する機能よりも、実は人の感情を呼び起こす機能なのです。

今回の資金調達を経て、先進的なVUI(Voice User Interface)を搭載したBOCCOの次世代機「BOCCO emo」の開発をより加速し、新たな家庭用ロボットの市場を創り出していきます。また、資本提携を通じた新たな事業パートナーとの協業により、先進的な音声認識技術の投入と、家庭向けサービスでのロボット利用を進めていきます。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。