2020年第1回エンジニア資格、合格者を発表。709名が合格し累計1,660名のエンジニア人材が誕生

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」(理事長:松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授、英称:Japan Deep Learning Association、以下JDLA)は、2月21日(金)、22日(土)に実施した2020年 第1回 エンジニア資格「JDLA Deep Learning for ENGINEER 2020 #1」(以下E資格)の合格者を発表した。

シラバス改訂後初開催となった今回のE資格は、受験者が1,042名と初めて受験者数が1,000名を突破。

そのうち合格者は709名、過去3回と併せたE資格の累計合格者数は1,660名となった。

各科目の平均得点率は、応用数学70.93%、機械学習63.80%、深層学習60.58%。

なお、次回開催は8月29日(土)を予定している。JDLAでは今年もより多くのディープラーニングを実装するエンジニア人材の育成に注力していく。

第1回エンジニア資格(E資格)合格者の内訳

年代別の合格者数

業種別の合格者数

職種別の合格者数

役職別の合格者数

2020年 第1回 E資格(エンジニア資格)概要

概要

ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する

受験資格

JDLA認定プログラム(※1)を試験日の過去2年以内に修了していること

試験概要

120分の会場試験にて、102問を出題

試験会場

全国の指定試験会場から、申し込み時に選択

出題範囲

シラバスより、JDLA認定プログラム修了レベルの問題

受験料

  • 一般32,400円(税込)
  • 学生21,600円(税込)
  • JDLA正会員・賛助会員 27,000円 (税込)

 試験日

2020年2月21日(金)、22日(土) ※実施済


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。