アジアを拠点とするEdtech企業「Snapask」約38.5億円の資金調達を実施、累計調達額は約55億円に

アジアを拠点とするEdtech企業 Snapaskは、Asia Partners(東南アジアをフォーカスするプライベート・エクイティ・ファンド)を中心に投資ラウンドとして3,500万米ドル(約38.5億円)の調達を行ったことを発表した。

創立した2015年より今日までにSnapaskは合計で5,000万米ドル(約55億円)以上を調達済み。

Snapaskは今回の資金調達を東南アジア市場への拡大、特にベトナムなどのポテンシャルの高い市場に投資を進める計画。またシンガポールに地域統括会社の設立を行った。

プロダクトとサービスにおいては、自習勉強の効率化を向上させるためのデータ分析機能や個々に合った学習コンテンツの制作の充実を中心に進めていく。

Asia partners社のNick Nash氏のコメント

Snapaskは東南アジアにおいてテクノロジー企業を対象とし、資金ギャップを解決することにフォーカスしているAsia partners社にとってまさに合致した企業です。Snapaskは既に香港、台湾、シンガポールにおいて強いプロダクトで市場にフィットしていることを証明しており、新興市場であるインドネシア、タイ、マレーシアにおいては既に市場拡大に成功しています。

この会社は収益化に向けた明確な計画と共に継続的な成長にフォーカスする”ライノス(rhinos) 企業 ” として我々は興味を持ちました。

Snapask CEO Timothy Yuのコメント

Snapaskはオンデマンドのモバイルアプリで生徒が選び抜かれたチューターとすぐにマッチされ、マンツーマン指導で抱えている勉強のわからない問題を即座に解決できるサービスです。

我々のアプローチは生徒が問題に直面した際にすぐに質問するように背中を押し、サポートすることです。革新技術によって可能になった個別化された便利なチューターとのセッションによって、我々は新しい時代の自習学習のナビゲーターとなることを使命としています。

Snapaskのプロダクトとサービス概要

Snapaskは現在、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、日本、韓国において300万人以上の生徒に対してサービスを行っている。

生徒は10歳から17歳で、昨年の1年間で顧客ベースは2倍に増加。

香港、台湾においては全体の40%以上の生徒がSnapaskのサービスを利用している。

Snapaskは特にインドネシア、マレーシア、タイの東南アジア市場にてサービスをいち早く浸透させることを考えている。

引き続き、自発的な学習の発展をフォーカスした、生徒の学習のニーズに合わせたプロダクトとコンテンツの両方の開発を進め、また学生それぞれが切磋琢磨できる環境を作っていく。

スナップアスク

問題を撮って、質問して、学ぶ。どこにいても、すぐにチューターとのマンツーマンセッションを受けられる。

スナップアスクは放課後の学習サポートのため、2015年にローンチされ、300万人以上の生徒と難関大学出身の35万人のチューターを繋げてきた。

チューターによるサポートに加え、大学入試対策のトピックの学習動画やコースを提供している。

生徒は個別化された学習メニューで自分のペースでいつでも学ぶことができる。

Sofasoda-将来のスキルを身につける(現在、台湾のみで展開中)

Sofasodaはミレニアル世代やZ世代に向けて作られたオンライン学習プラットフォーム。

ムーク(MOOC)やデジタル学習コンテンツと違い、Sofasodaはプロジェクトごとのコースで構成され、1対1の指導も提供。

コンテンツは21世紀に必要な実践的なスキルや知識にフォーカスしている。

クリティカル思考、ディべート、プレゼンテーション、ゲーム理論などのトピックを含むビデオコースを通じて、エッセンシャルスキルを伸ばすことをミッションにしている。

また、CPAやCFAライセンスという様な専門スキルも学ぶことができる。このプラットフォームは学習プロセスの復習のためのトラッキングシステムも用意されている。

Wizmo- 学習データ分析ツール(現在、台湾のみで展開中)

エレガントで整理されたダッシュボードに分析され、視覚的に学習進捗を確認できる。

試験結果からスナップアスクでのオンライン学習まで我々は目標達成までのあらゆる学習データを記録し、生徒と先生をサポートする。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。