幼稚園~小学校低学年向けの無料オンライン授業サービス「おうち de まなび舎」スタート

tomonasu合同会社、イロドリトイロ株式会社、NPO法人E-LINKの3法人は、「おうちdeまなび舎本部」を発足し、全国に先駆けて休校要請が出された北海道から、幼稚園~小学校低学年の全国の子どもを対象とした、無料のオンライン授業サービスを3月2日(月)より開始することを発表した。

実施期間は2020年3月2日(月)~3月13日(金)、各日10:00~、11:00~、13:00~、14:00~、15:00~の5コマを予定しており、3月2日AM10時より最初の授業が開講される。

授業の対象は幼稚園~小学校低学年。また、それ以上の年齢の子どもも希望する場合は随時対応を検討しているという。

「おうちdeまなび舎」概要

有志の先生による多様な授業を選択可能

授業は有志で全世界から先生を募っている。

その内容の中心は国語や算数などの学校で取り扱う内容ではない。

全世界の多種多様な特技を持つ先生から、海外の暮らし、3Dプリンターの使い方、英語の歌・ダンスなど、子どもがおうちに居ながら世界を広げることができる内容を予定している。

現在、250名以上、生徒は約500名の応募があり、初日となる3月2日月曜日には、13個の個性的な授業が開校される。

オンライン会議ツールを使用するので全国の子どもが対象

オンライン会議ツール『Zoom』を使用して授業を行うので、日本中のどこからでも授業を受けることができる。

利用希望者は公式ホームページより登録し、希望の授業を予約してZoomで先生とコミュニケーションを取りながら授業を受けることができる。