スタディプラス、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を期間限定で一部無償提供

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を、オンラインでの生徒との連絡手段として期間限定で一部無償提供をすることを発表した。

教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習塾をはじめとする教育現場での生徒の学習状況の可視化、また先生と生徒のコミュニケーションをサポートしている。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国の公立小中高休校をはじめ、多くの教育機関にて生徒の通学・通塾が難しい状況になっている。

生徒の状況のリアルタイムでの把握、オンラインでの連絡が重要になることから、生徒との連絡手段として「Studyplus for School」を活用する場合に、期間限定で無償提供を行うことを決定した。

生徒や保護者との連絡、オンラインを活用した学習管理・フォローをサポートしていく。期間中は、「Studyplus for School」のすべての機能を無料で利用できる。

Studyplus for School 一部無償提供の概要

無償提供期間

2/27(木)〜3/31(火)まで※暫定

対象教室

Studyplus for Schoolを既に利用している教室、またはこれからトライアルする教室

対象生徒

新型コロナウイルス対策を目的として、下記期間中にStudyplus for Schoolに新規登録した生徒かつ、下記の登録条件を満たす生徒全員

登録条件

無料での利用対象生徒を把握するため、生徒登録の際、生徒IDに必ず「コロナウイルス対策」と入力すること。

※期間終了後、生徒IDが「コロナウイルス対策」となっている生徒については、スタディプラス側で3/31(火)に一斉に停止を行う。4月以降も利用したい場合は有料となる。

申込み方法

まだStudyplus for Schoolを利用していない場合は、下記URLの申込みフォームより申し込み。

すでにStudyplus for Schoolを利用している場合、登録条件に従い生徒情報を設定する。

Studyplus for School 概要

教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって取得できる勉強の進捗度合いや蓄積された学習データを、教育事業者が生徒のサポートや分析などに活用できるサービス。

現在、全国の学習塾・予備校約500校以上に導入され、先生と生徒をつなぐ学習管理ツールとして利用されている。

Youtubeチャンネル