城南予備校、AI教材「atama+」を導入し「城南予備校DUO」に全面移行。「城南コベッツ」全国150教室にも順次導入

株式会社城南進学研究社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長CEO:下村 勝己)と、atama plus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:稲田 大輔)は、城南進学研究社の基幹事業であった「城南予備校」を、2020年3月末にatama plus株式会社のタブレット型AI教材「atama+」を活用した「城南予備校DUO」に移行することを発表した。

さらに、2020年3月より、城南進学研究社が運営する個別指導塾「城南コベッツ」にも「atama+」を本格導入、全国150教室で「atama+」を活用した講座を順次開設する。

城南進学研究社の「atama+」導入背景と概要

atama plus株式会社は「教育に、人に、社会に、次の可能性を。」をMissionに掲げ、学習を一人ひとりに最適化するAI教材「atama+」を全国の塾・予備校に提供している(現在は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、生徒が自宅でも「atama+」の授業を受講可能となるWeb版を開発し、導入塾・予備校への臨時提供を実施している)。

城南進学研究社においても、プロ講師による個別指導とAI教材「atama+」を用いた個別学習を提供する「城南予備校DUO」を2018年12月より開校し、活用を進めてきた。

その結果、「atama+」を利用した受講生(中学・高校生)の成績向上や、生徒・保護者の満足度において従来の予備校を大幅に上回る成果が得られたことから、講師が教壇に立って教える集団授業型の「城南予備校」を、2020年3月末をもって「城南予備校DUO」に全面移行することとなった。

また、城南進学研究社が運営する個別指導塾「城南コベッツ」においても、2019年6月より試験的に「atama+」を一部の教室で導入し、「atama+」を活用した講座の運営モデル設計に取り組んできた結果、「城南予備校DUO」と同様に生徒の大幅な成績向上を確認。2020年3月より全国の「城南コベッツ」150教室に「atama+」を順次導入することとなった。

今後、日本のグローバル化はますます進んでいくことだろう。

一方、止まらない少子高齢化で労働人口が減り、それを補うための外国人労働者やAIをはじめとしたテクノロジーの流入も、すでに珍しいことではなくなってきている。

これらを背景に教育改革が行われ、大学入試も変わろうとしています。そんな時代に求められるのは、まさに、予測不能な“未来”に対応するための「新しい学力」。

文部科学省はそれを言葉にして、

  1. 知識・技能
  2. 思考力・判断力・表現力
  3. 主体性・多様性・協働性

という「学力の3要素」を掲げている。

城南進学研究社も、この時流にのっとり、atama plus株式会社とAIを活用した新しい学びのあり方を追求し、生徒一人ひとりに合ったこれからの個別最適化学習を提供し続け、新時代の人間力を育て、新入試にも完全対応する未来の塾へと変わっていく。

「atama+」利用生徒の学習成果

Aさん [高2・城南予備校DUO 蒲田校]

高1の学年末テストと高2の1学期中間テストでの点数比較

※「atama+」での学習は高2の5-6月の2ヶ月間で27時間

  • 数I・II:43点→74点  31点アップ
  • 数A・B :51点→82点  31点アップ

Aさんのコメント

「atama+」で数学を始めた時、中学から苦手だった「関数」にさかのぼりました。以前通っていた個別指導塾では恥ずかしいと思いましたが、AI教材では恥ずかしくないし、「必要な勉強だ」と思えたおかげで、実際に力がつきました。

Bさん [高1生(私立中高一貫校)・城南予備校DUO 新百合ヶ丘校]

中3の学年末テストと高1の1学期中間テストでの点数比較

※「atama+」での学習は高1の5-6月の2ヶ月間で29時間

数学 :33点→68点  35点アップ

Bさんのコメント

人に聞いたことは流してしまったりしますが、「atama+」では講義メモにノートを取って見返す癖をつけられました。また、自分のために自動的に用意される講義動画も、止めて考える時間を作ることができ、ノートをきれいにまとめる時間も取れたので、自分のペースで学習することにつながりました。

atama+プロダクト概要

atama+を活用した学習の様子

「atama+」は、生徒が「基礎学力を最短で身につける」ことを目的とした学習プロダクト。

生徒一人ひとりの「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」などのデータを「アタマ先生」と名づけられたAIが分析、一人ひとりに合った「自分専用レッスン」をつくることで学習を効率化している。

対応教科

  • 高校生・既卒生向け:数学、英語、物理、化学
  • 中学生向け:数学、英語

採用塾数

大手塾の3割

採用教室数

500教室以上

平均学習時間(習得までの時間(例))

数I:16時間 数A:15時間

※学習指導要領で規定されている学校の授業時間は計146時間

得点伸び率

2018年のセンター試験 (数IA)にて、受講生の「得点伸び率」の平均が+50.4%

*比較対象:受講前(2017年12月末)の過去問成績、2週間で平均14時間45分(1日あたり63分)の学習結果。