学習プラットフォーム『Schoo』、オンライン研修・イベントに関する無料の相談窓口を設置

オンライン学習プラットフォーム『Schoo(スクー)』を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎)は、2020年2月27日(木)から「オンライン研修・イベントお悩み無料相談窓口」を設置したことを発表した。

テレワークを推進していく中で、集合研修やイベントのオンライン化を検討する企業・団体のあらゆるお悩み解決の一助になるべく、今回の開設に至った。

「オンライン研修・イベントお悩み無料相談窓口」詳細

受付時間

月曜〜金曜(祝日を除く) 9:00〜19:00

開設期間

2020年2月27日(木)〜 期限未定

利用方法

予約URLから予約。※予約は24時間可能。

実施方法

1回30分、オンラインまたは電話で実施。

料金

無料

相談例

  • 新入社員研修などの集合研修がリアルでできなくなってしまった。
  • リアルイベント開催は一度諦めた。だが、どうしてもこの講師の話をみんなに聞いて欲しい。
  • 差し迫って実施すべき研修があるので、具体的に早急に進めたい。
  • オンラインセミナーを実施したが、リアル感が足りない。
  • 録画動画を流すだけではなかなか見てくれない。

実施の背景

Schooはミッションに「世の中から卒業をなくす」、ビジョンに「インターネット学習で人類を変革する」を掲げている。

人は学ぶことで生きる知恵を身につけ、技術を革新させ、進化してきた。

「学び」には終わりはなく、学び続けることで社会が抱えている課題の解決速度が加速し、一人ひとりにたくさんの選択肢と可能性が生まれる。

Schooはインターネットでの「学び」を起点として、人類を変え続けていくエンジンになり、今よりもっと豊かな人生の支えになる存在を目指している。

新型コロナウイルス感染拡大により止むを得ず集合研修やイベントを中止し、学びを提供できなくなった人・学べなくなってしまった人が非常に多くいることは、経済の停滞に繋がりかねない。

また、テレワークが推進されていくにつれ、「研修もオンラインでできないか」という問いが生まれる中で、今までのeラーニングや自社動画配信での課題を解決する必要が出てくる。

今回Schooは「オンライン研修」と「オンラインイベント」に特化したお悩み相談窓口を設置することで、オンライン化を進めたい・成功させたい企業・団体の一助になりたいと考えている。

時には他社サービスの比較検討もしながら、過去に放送した約4,700本のオンライン生放送で蓄積された、オンライン上でも双方向のコミュニケーションを生むスキル、飽きずに見続けてくれる学習動画制作能力、研修のカリキュラム作成や動画以外の学び続けるための工夫や技術の情報提供をし、オンライン学習社会の実現に向け取り組んでいく。

今後もSchooはすべての人が学び続けられる世界の実現、つまり、すべての人の卒業をなくすべく「学び」の障壁となるものに立ち向かっていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。