シャープ、タブレット端末向け統合型学習アプリケーション「Brain+」提供開始

シャープは、タブレット端末向け統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」2020年度版の提供を2020年3月中旬に開始することを発表した。

中学校や高校など、タブレット端末を導入する教育機関における授業や自己学習はもちろん、課題発見や問題解決に必要な能力養成を目的に教育現場での導入が進む「探究学習」にも活用できる。

「Brain+(ブレーンプラス)」概要

このアプリは、国語辞典 大辞林第四版のデジタル版「大辞林4.0」や英英辞典「Oxford Advanced Learner’s Dictionary(10th edition)」などの最新辞書や参考書など、34コンテンツ(※1)を収録している。

身近なことから学術的分野まで、豊富な写真や図版とともに解説する「ブリタニカ国際大百科事典 小項目版」もオプションで利用(※2)できる。

また、専用のクラウドサービス(※3)から、英語教材を中心としたコンテンツを後から追加することも可能。

さらに、複数の辞書を横断して検索できる「一括検索」や、Webサイトや教材の分からない単語をなぞることですぐに検索できる「コピーワード検索」、各辞書の説明文内の単語まで検索できる「全文検索」など、多彩な検索機能も搭載している。

※1 総合学習パック<ON-PA4A/PA4W>の収録数。基礎学習パック<ON-PB4A/PB4W>には13コンテンツを収録している。

※2 学校でアプリ4シリーズのいずれかを一定数以上、一括で採用した際の追加オプションとして提供。

※3 シャープの会員向けWebサイト『COCORO MEMBERS』のCOCORO IDが必要(登録無料)。コンテンツの追加には別途費用がかかる。

品名

統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」

形名/収録コンテンツ数

  • (総合学習パック)ON-PA4A(iPad版)、ON-PA4W(Windows(R)版)/34コンテンツ
  • (基礎学習パック)ON-PB4A(iPad版)、ON-PB4W(Windows(R)版)/13コンテンツ

提供開始時期

2020年3月中旬

主な特長

  1. 「大辞林4.0」「Oxford Advanced Learner’s Dictionary(10th edition)」などの最新辞書や参考書など、34コンテンツを収録
  2. 専用クラウドサービスからコンテンツの追加が可能
  3. 「一括検索」「コピーワード検索」「全文検索」などの充実した検索機能を搭載

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。