アルクテラスと楽天、塾紹介事業において業務提携。生徒募集サービスの拡充に向け協働

アルクテラス株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:新井 豪一郎、以下「アルクテラス」)と楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は2月27日、塾紹介事業における業務提携契約を締結したことを発表した。

この提携により両社は、それぞれが有するアセットやノウハウを生かし、塾紹介事業において学習塾・予備校を対象とした生徒募集サービスなどの拡充や提供を行う。

アルクテラスと楽天の業務提携の背景と内容

アルクテラスはこれまでも学習塾・予備校向けの生徒募集サービス「MEETS」を提供しており、今後は両社で同サービスの機能やコンテンツの拡充、リブランディングなどを実施予定。

また、楽天が持つ1億以上の会員基盤や、提供するポイントプログラム「楽天ポイント」の活用を通じて、学習塾・予備校のマーケティングや集客力の向上につながる施策の導入も検討していく。

なお、両社は2020年3月より、一部の学習塾に同サービスの試験提供を行う。

アルクテラスは2010年に創業し、「MEETS」のほかに、学習アプリとして国内最大級のアクティブユーザー数を有する「Clear」を運営している。

楽天は、2010年より社内公用語の英語化に取り組み、その知見やノウハウを活用して教育事業を立ち上げ、英語学習アプリの提供や、法人・団体への英語教育コンサルティングなどをはじめ、新しい教育環境、学習体験の提供を目指している。

アルクテラスの「自らを導く人を」というミッションと、楽天の「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」というミッションが合致し、今回の業務提携に至った。

両社は今後も、本提携を通じて学習塾・予備校だけでなく、学生や保護者にとっても利便性の高いサービスを構築することで、学習機会の効率的な提供に努めていく。

学習塾・予備校向けの生徒募集サービス「MEETS」概要

「MEETS」は、アルクテラスが2019年6月より運営するサービスで、アルクテラスが運営する学習ノート共有アプリ「Clear」を利用する中高生を対象に、学習塾が生徒募集を行うことができる。

学習塾は、「Clear」上に、学習に役立つノートや動画をアップロードすることで、塾や講師の指導力をアピールし、資料請求や体験入塾を促すことが可能。