学習心理学に基づいた問題集サービス『BooQs』ユーザーによる問題集作成機能の提供を開始

株式会社BooQs(所在地:埼玉県入間市、代表:相川真司、以下BooQs)は、ユーザーが任意の問題集を作成できる機能を、2月25日より提供することを発表した。

BooQs(ブックス)概要

BooQs(ブックス)は、学習心理学に基づいた問題集サービス。

BooQsでもっとも人気の高い機能は、『復習機能』。

BooQsでは、手間のかかる復習を、独自のプログラムによって自動で手間なく行うことができる。

問題解答時、自動で復習予定を設定してくれるので、手間がかかりません。 復習予定当日には、メールで復習すべき問題をリマインドしてくれるので、忘れずに復習できます。 復習すべき問題が、タイムライン形式で表示されるので、簡単に復習することができます。

従来のBooQsは、運営側で用意された問題集を解くサービスだった。

しかし、BooQsの復習機能を自習用教材にも利用したいという声もあり、2月25日より、ユーザーによる問題集作成機能を提供することに至った。

今回追加される機能について

『問題集作成画面』:10ヶ国語の音声読み上げ機能に対応しているほか、画像や音声データなどの添付も可能です。

ユーザーが作成できる問題集は、運営が作成できる問題集とまったく同じもの。

つまり、「多肢選択問題」「入力問題」「単語カード問題」「リスニング問題」といった多様な形式の問題集を作成することができる。

問題や解答に「音声読み上げ」を設定することも可能。

読み上げ機能の対応言語は、英語のみならず、「日本語」「中国語」「フランス語」「スペイン語」「韓国語」「ロシア語」「ドイツ語」「イタリア語」「タイ語」の全10カ国語に対応。

問題や解答に、画像(jpg,png,gif)や音声データ(mp3)を添付することも可能。

機能の利用条件

  • 問題集を作成するためには、BooQs内で経験値を貯めて、ユーザーのレベルを10まで上げることが必要
  • レベルアップに必要な経験値は、「問題に正解する」「1日の目標解答数を達成する」「連日解答する」などによって獲得することができる。

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。