Puravida、スクール業務を一元管理するICTサービス「wagaco」無料提供を開始

株式会社Puravida(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役:高野 竜也、以下 プラヴィダ)は、スクール業務の煩雑業務を一元管理するICTサービス「wagaco」について、2020年2月22日からサービスの提供を開始したことを発表した。

「wagaco」概要

導入も簡単

プラヴィダは企業のコストを削減する提案や業務改善システムを活用しておこなう事業をメインにおこなっている。

創業以来、おおよそ6,000社ほどの企業と取引をする中で、企業として子供たちの為にできることを考え、今回スクール業務の煩雑業務を改善できるICTツールを無料にて提供する。

現在wagacoを登録しているスクールは100教室。

※利用教室が2,000教室となったら新規にて申込み場合は月額制のサービスに切り替えを予定している。

特長

ココがすごい!
  • 入退室管理システム
  • メッセージ
  • 成績管理システム
  • 指導報告書システム
  • 授業確認・予約管理システム
  • 生徒名簿管理
  • 講師授業管理

価格(税別)

  • 初期導入費用 0円
  • 月額料金   0円
  • 更新費用   0円

電話・WEBにての導入サポートも無料となるが訪問サポートに関しては別途費用が発生する。

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。