侍エンジニア塾、エンジニアになるまでの学習時間について調査。現役エンジニアは1日4時間24分、学習期間17ヶ月

マンツーマンオンラインプログラミング塾「侍エンジニア塾」を運営する株式会社侍(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役 :木内 翔大)は、侍エンジニア塾ブログユーザーと侍エンジニア塾のインストラクター50名を対象に「エンジニアになるまでの1日の平均学習時間」について調査し、結果を発表した。

「エンジニアになるまでの1日の平均学習時間」調査結果概要

  1. 現役エンジニアのエンジニアになるまでの1日の平均学習時間は4時間24分
  2. 現役エンジニアがエンジニアになるまでの学習期間は平均17ヶ月
  3. 独学で勉強した人の平均勉強時間は3.5時間、学習期間は18.3ヶ月と長くなる傾向

エンジニアになるまでの1日の平均学習時間は4時間24分

現役エンジニア50名を対象に、エンジニアになるまでの1日の平均学習時間を聞いたところ、平均4時間24分という結果となり、現役エンジニアが学習を開始してからエンジニアになるまでの期間を聞いたところ、平均17ヶ月という結果となった。

※12時間以上と回答した方は12時間として算出。

個別で見ていくと、勉強時間として1番多かったのは1時間が最多、次いで4時間が多く、1〜2時間と、4〜6時間の間で答えた人がほとんどとなり、7時間以上と回答する人は非常に少ない結果となった。

独学で勉強した人の平均学習時間は3.5時間と短く、学習期間は18.3ヶ月と長くなる結果に

50名のうち独学でエンジニアになった人(N=20)の1日の平均学習時間は3時間30分となり、全体の平均よりも短い結果となり、エンジニアになるまでの期間、約18.3ヶ月という結果となりエンジニアになるまでの期間は長くなる結果となった。

一方、独学以外でエンジニアになった人は、1日の平均学習時間は約5時間30分となり、エンジニアになるまでの期間も約15.1ヶ月と約3ヶ月短い結果に。

要因として、プログラミングスクールや学校で勉強したと答えた人が多く、1日の勉強時間をしっかり確保したことで、より短い期間でエンジニアなれたと考えられる。

調査概要

実施時期

2020年1月31日〜2月4日

調査方法

インターネットアンケートを使った自社調査

調査対象

侍エンジニア塾ブログユーザー/侍エンジニア塾インストラクター

調査人数

50名

「侍エンジニア塾」とは

特徴

プログラミング学習の挫折をできるだけ少なくし、多くのエンジニアやIT人材の輩出を目指し、侍エンジニア塾では「より確実に本物のプログラミングスキルを習得できる」ように4つのサービス特徴を持っている。

1. マンツーマンレッスンの学習効率

専属のマンツーマン講師が配属されるため独学や集団授業に比べて圧倒的な習得スピードで学べる。また、些細な質問でもマンツーマンなら人の目を気にすること無くできるためしっかり学べる。

2. 完全オーダーメイドカリキュラム

人によって現状スキルにも差があるため、同じカリキュラムでは理解度に差が生じる。

侍エンジニア塾では、生徒一人ひとりに合わせてオーダーメイドカリキュラムが組まれるため、無理なく無駄なくプログラミングを学習できる。

3.オリジナルWebサービス開発

侍エンジニア塾では、未経験でも仕事を獲得するために必要な技術を養うためにオリジナルWebサービス開発がカリキュラムに含まれている。

オリジナルWebサービスのポートフォリオ(実績)の存在は技術力を証明でき、仕事獲得に大きな力を発揮する。

4.専属講師だから何でも質問できる

侍エンジニア塾の特長として、仕事獲得に強い完全オリジナルWebサービス作成がある。

しかしオリジナルサービスの場合、エラーの解消は非常に難易度が高く画一的な内容を教えるスクール講師や独学では対応できないことも多い。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。