インターネット・アカデミー、「AI/人工知能の真実 ~マスコミが描くAI/人工知能と現実の違い~」セミナーを2月22日に開催

インターネット・アカデミー(本社:東京都渋谷区 学校長:大岡和雄)は、LPI-Japan名誉顧問 成井弦氏をゲストに招き「AI/人工知能の真実 ~マスコミが描くAI/人工知能と現実の違い~」セミナーを2月22日(土)19:30~21:00に開催することを発表した。

昨今、経営課題として挙げられている「人材不足」「働き方改革」を解決するべく、生産性の向上を目的としてAIを活用する取組みが増えてきている。

そこで、インターネット・アカデミーでは2月22日(土)にLPI-Japanの協力を得て「AI/人工知能の真実 ~マスコミが描くAI/人工知能と現実の違い~」を開催する。

このセミナーでは人工知能の基礎を学習し、マスコミが描く人工知能の世界と現実の違いが技術的な観点から理解できるようになる。

現在のAI技術はオープンソースが牽引しており、その歴史的な背景と今トレンドとされている知識を学ぶことで、これからのエンジニアに求められるスキルを把握し、実務に役立てることができるようになる。

「AI/人工知能の真実 ~マスコミが描くAI/人工知能と現実の違い~」セミナー概要

講師プロフィール

LPI-Japan 創設者・名誉顧問 成井弦氏

AIが実用的に利用されるようになった1980年代の第2次AIブームと呼ばれる時期にAI分野で最も多く利用されていたVAXコンピュータを製造販売していた米国Digital Equipment Corporation (DEC)に勤務。

受講料1人580万円/4週間のAI教育コースを提供し、NHK TVニュースでも話題に。

その後もAI分野で頻繁に利用されるオープンソースの講演を幅広く行い、IT技術者の育成に精力的に活動している。

開催日時

02/22(土)19:30~21:00

会場

インターネット・アカデミー渋谷校

対象者

AIに興味がある人

参加費

無料

募集人数

28名(※定員になり次第、受付締め切り)