JRグループによるプログラミング教室「プログラボ」、宝仙学園小学校に関東圏発の放課後課外教室を開校

株式会社JR中央ラインモール(本社:東京都小金井市/代表取締役社長:石井圭)は、子ども向けロボットプログラミング教室「プログラボ」を運営しており、これまで小学校へのプログラミングの出張授業を多数実施してきた。

今回、複数回の出張授業等を通じて連携を深めてきた学校法人宝仙学園(東京都中野区/理事長:冨田道生)の運営する小学校内で、2020年4月より放課後の習い事として同校生徒を対象にしたロボットプログラミング教室を開校することを発表した。

プログラボとしては関東圏初の学校内放課後課外教室。

JR中央ラインモールはICTを活用した授業を積極的に展開する宝仙学園小学校とともに、ロボットプログラミング教育を通じて、未来を担う子供たちの「夢を実現するチカラ」を育む。

JR中央ラインモールは今後も、中央線沿線を中心に教室の拡大や小・中学校等への出張授業等を実施し、子供たちにとって豊かな学びの場を提供していく。

「プログラボ」と「宝仙学園小学校」の歩み

  • 2019年 3月 春休み学校内ロボットプログラミング体験会(1回目)の実施
  • 2019年 8月 夏休み学校内ロボットプログラミング体験会(2回目)の実施
  • 2019年10月 社会科授業内(安心・安全・みんなの暮らし)におけるプログラミング学習の実施
  • 2020年 3月 春休み学校内ロボットプログラミング体験会(3回目)の実施(予定)
  • 2020年 4月 放課後課外教室開校(予定)

「プログラボ」概要

プログラボ

沿革

阪神電鉄と読売テレビグループの共同事業として、2016年4月に事業を開始した「子供向けロボットプログラミング教室」。

2018年4月には東京都内にて㈱JR中央ラインモールと東京地下鉄株式会社がそれぞれ教室を開校。

現在では、関東圏15校と関西圏17校、私立の学校内教室を7校の計39校を展開し、約4,000名の生徒が在籍している。(2020年2月現在)

名称

「プログラミング(Programming)」と、目標に向かって進むことを意味する「プログレス(Progress)」、そして、実験室や研究室を意味する「ラボラトリー(Laboratory)」を掛け合わせ、夢を持つ仲間が集い、切磋琢磨する場を創っていきたいという気持ちから「プログラボ」と名付けられている。

内容

授業では教育版レゴ® マインドストーム® EV3を用いて、モーターや各種センサーを使ったロボットを組み立て、ビジュアルアイコンを使ったソフトウェアでプログラミングを行っている。