鈴木ソフトラボラトリー、遠隔指導サービス『VTeacher』を活用したフルリモートのプログラミング教室を開講

鈴木ソフトラボラトリー合同会社(東京都品川区、本店:静岡県浜松市、代表:鈴木正樹)は、小学生向けプログラミング教室を開講し、離れた場所から視聴・指導できるサービス『VTeacher(ブイティーチャー)』を導入することを発表した。

完全なリモートとなり(在宅、テレワーク)、生徒・講師は場所を選ばない。

また、VTuberのようなリアルタイムトラッキングができるアバターもある。学習内容は文部科学省が公開している指導方針に沿う。

2020年春に開講予定。

『VTeacher(ブイティーチャー)』概要

鈴木ソフトラボラトリーは通塾型のプログラミング教室を3月から開講する。

今回、それとは別にフルリモート型のプログラミング教室も開講する。遠方など諸事情により通いづらい、インフルエンザなどの感染症予防をしたい等のニーズに答える。

フルリモート型では鈴木ソフトラボラトリーのVTeacherプラットフォームを利用する。

VTeacherはバーチャルティーチャーの意味で、インターネットを利用した他の者との音声又は視覚による通信を行うサービスである。

会社は2018年からこのサービスに取り組んでおり、類似サービスとしてドラレコによる高齢者向け運転遠隔指導サービスがある。

ライブ授業とオンライン家庭教師を組み合わせた形。​教室にはメインの講師が一人。自宅にいる生徒たちはパソコンで授業を見る。

プログラミング実習は個別指導の時間が多く取られるため、遠隔にいるサポート講師が指導する。

その際、生徒のパソコン画面は共有される。

スクリーンショットは機械学習用にサーバーにも送信される(収集したデータからMLMODELファイルを作成。将来的にはAIチャットボットによるサポートも加える予定)。

ライブ配信はVTeacherプラットフォーム、個別指導はZoomやSkypeを利用する。サポート講師はエンジニア(現・元)の副業としての参加を見込んでいる。

実施要項

  • 毎週土曜日
  • 講師、生徒ともに原則フルリモート(在宅、テレワーク)

月謝

2,980円~(生徒専属の講師を依頼する場合は、その講師に謝礼金)

開校予定

2020年春

カリキュラム

  • ​オリエンテーション
    • 小学校プログラミング教育の概要
    • 授業の進め方
  • プログラミング初級編
    • ブロック型ビジュアルプログラミングの基本操作(主にScratch)
    • 制御文(分岐、繰り返し、演算、変数、関数など)
  • プログラミング中級編
    • Scratch 正多角形をプログラムを使ってかく
    • Viscuit たまごが割れたらひよこが出てくるプログラムを作る
  • プログラミング上級編

テーマは「コンピュータを理解して、上手に活用していく力」

文部科学省の小学校プログラミング教育の手引にはこのように書かれている。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっている。(引用元: 文部科学省「プログラミング教育」)

教室長を務める鈴木聡美さんが、このテーマについて語ってくれた。

フルリモート授業やアバター先生は、鈴木さんたちが考えたコンピュータの活用方法である。

彼女は大学時代、情報系学科に進学するも、とても苦労した経験を持つ。高い壁を乗り越えるには、がむしゃらに頑張るだけでは足りず、柔軟な思考が不可欠であると言う。

教室長を務める鈴木聡美さんのコメント

子供の頃にMSXでBasicのコードを写経していましたが(笑)、大学の授業についていくのは大変でした。コンピュータの理解と活用方法は、受験勉強とは異なる知識が必要です。

昔は『独学』で行なっていたことを、このプログラミング教室で伝えていきたいと思っています。小学校プログラミング教育の必修化には期待しています。

Youtubeチャンネル