スペースリーと日本イーラーニングコンソシアム、VR研修研究会を発足。キックオフセミナーを2月28日に開催

どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」を運営する株式会社スペースリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:森田博和)は、特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム(所在地:東京都中央区、会長:加藤 憲治、以下「eLC」)とVR研修研究会を発足したことを発表した。

VR研修研究会キックオフセミナー「VR研修の現在と今後の展望」概要

ここ数年、国内外を問わず教育・研修におけるVRコンテンツの導入、活用が進んできた。

しかしながら、VR導入には専門的なノウハウが必要であることや、制作費が高額になる等の課題も多くある。

このような中、上手に効果的にVR研修の活用を拡大するための啓蒙・普及、ノウハウの共有や蓄積を目的に、株式会社スペースリーがグループリーダーとなり、VR研修研究会を発足することとなった。

これに合わせ、キックオフセミナー「VR研修の現在と今後の展望」を2月28日(金)17:00から株式会社スペースリーにて開催する。

スペースリーの提供するVR研修のためのクラウドソフトでは、事業者が自らかんたんに様々なシナリオやクイズなどが設定された高品質なVRコンテンツを制作して活用することが可能になる。

これまで主に製造現場や飲食業界での活用が進んできた。

今後、本研究会を通じた啓蒙・普及活動をはじめ、スペースリーでは研修におけるVRの活用が日々の当たり前になるべく事業開発を推進していく。

日時

2020年2月28日(金)17:00-18:30

会場

株式会社スペースリー セミナールーム

費用

無料

人数

30名以下

*対象は、日本イーラーニングコンソシアム会員、一般を主に対象とし、企業、学校を問わずVRのラーニング利用を検討中の人を優先(eラーニング関連ベンダーの参加は、日本イーラーニングコンソシアム会員に限定)。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。