ヒューマノーム研究所、プログラミング不要・マウス操作でAIを開発できる『Humanome Eyes Workstation』を販売

株式会社ヒューマノーム研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤、以下「ヒューマノーム研究所」)は、データサイエンティストやプログラマが不在の組織でも、人工知能(AI)のトライアルを可能とする『Humanome Eyes Workstation 』(ヒューマノーム・アイズ・ワークステーション)の販売を開始することを発表した。

プログラミングレスなAI構築プラットフォームの実現により、AI開発と導入にかかるトライアルコストを大幅に下げることを可能とした。

また、研究開発で培ったヒューマノーム研究所のノウハウを基にした、AI導入のコンサルティングとワークステーション本体をあわせて提供することで、AIがより身近となる「健康社会」実現を目指す。

「Humanome Eyes Workstation」概要

AIの活用が社会全体で進む中、AI開発を先導するデータサイエンティストやプログラマの不足が問題となっている。

専門人材の育成や開発の外注前に、まずは自分たちでトライアルAIを作り、試すことで「今、本当に欲しいAI」を見極めて本格開発に移りたい。

そのような企業・組織の要望に応えるため、AIの代表例である物体検知(※1)モデルを、プログラムを1行も書くことなくボタン操作で開発可能とする『Humanome Eyes Workstation』を発売する。

この商品は、AI構築の実際を通じ、データサイエンスやAI開発の流れを掴むことができるため、AI教育用途としても利用できる。

AIの導入には、多くのハードルが存在する。

データサイエンティストやAIプログラマの不足に注目が集まりがちだが、「AI開発の課題設定をどうするか」「どんなデータを集めるべきか」といった実際の構築前に決定すべき設定や、「AI開発に必要なコンピュータの組み方がわからない」「ハードウエアの設定が出来るエンジニアがいない」というハードウエアに関連する課題、また「どのようなアノテーション(※2)を作ればよいのかわからない」「想定のパフォーマンスが出ない」など、実際に作りはじめてから見える問題など、様々なレイヤーの障壁を乗り越える必要がある。

Humanome Eyes Workstation は、これら初学者が遭遇するハードルに着目し、物体検知に必要な要素をトータルで提供し、つまづくポイントをあらかじめ取り除くことにより、AI作成への第一歩を後押しする統合システム。

人工知能開発に適した構成のハードウエアに、AI学習環境とプログラミングレスなアノテーションツールをセットアップし、受け取ったその日から物体検知AI開発に専念できる環境を届ける。

また、ワークステーション本体と合わせ、ヒューマノーム研究所が今までの研究・共同開発で培ったノウハウを基に、質問や疑問に応えるコンサルティングサービス、ならびにユーザーの要望に応じた追加機能の独自開発サービスもオプションで提供。

ヒューマノーム研究所は、Humanome Eyes Workstation を通じて、生活の様々な場面でのAI活用を広げ、一日もはやい健康社会の実現を目指す。

※1 物体検知:画像からそこに写る物体(矩形位置で示した範囲)を自動で検出し、さらにそれが何の物体であるかを判定する機械学習で扱われる代表的な問題の一つ。

※2 アノテーション:物体検知モデルを作るために必要となる、入力画像とその答えである「矩形位置」・「物体名」をセットにした情報のこと。

提供プラン(3種類)

  • エントリー:環境構築済のハードウエアと1年間のオンラインサポートサービスのセット
  • ベーシック:【エントリープラン】+ 学習やモデル構築が起動にのるまでのコンサルティングサポート
  • アドバンスト:【ベーシックプラン】+ 機械学習の専門家が対応する独自機能の追加開発

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。