「スマ留」運営のリアブロードと「プログラマカレッジ」運営のインターノウスが業務提携、英語とプログラミングを一緒に学べる留学サービスを提供開始

英語の海外留学サービス「スマ留」を運営する株式会社リアブロード(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:神田 慎 以下リアブロード)とIT人材派遣・教育事業を運営するインターノウス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:中舘 宏輔、以下インターノウス)は今回、英語とプログラミングを学習する留学パッケージ及び帰国後の就職支援において、業務提携することを発表した。

第1回の説明会を、2020年2月20日(木)リアブロード本社にて開催する。

リアブロードとインターノウス、提携の背景と概要

学生指導要領が見直され、2020年から小学校での英語教育やプログラミング教育が必修化するなど、英語とプログラミングができる人材の需要はますます高まっている。

日本再興戦略-Japan is BACK-(2013年6月14日閣議決定)では減少傾向にある日本人の海外留学について、2010年の6万人から2020年を目途に12万人に倍増することを目標に掲げ、世界と戦えるグローバル人材育成に向けた取り組みが強化されている。

一方で、2019年3月の経済産業省「平成31年IT人材需給に関する調査」によると、日本のIT人材供給は、2030年には最大約79万人不足するなど、深刻なIT人材不足に陥るとも言われている。

従来の語学留学をリーズナブルな価格で実現し、年間3千名以上が利用する留学サービス「スマ留」と、年間500名以上のプログラマーを輩出する無料の就職直結型プログラミングスクール「プログラマカレッジ」は、広い視野を持って活躍できるグローバルIT人材の創出に向けて、海外現地で「英語とプログラミング」を学習できるIT留学から、帰国後の就職支援まで行うワンストップサービスをリーズナブルな価格で提供するため、業務提携に至った。

取り組み内容

「スマ留」を通じて海外へ留学する大学生や社会人※を対象に、プログラマカレッジが提供するオンラインプログラミング学習ツール4each(フォーイーチ)を提供する。

IT業界への就職を目指す「ライトコース」と、プログラマーを目指す「プロフェッショナルコース」の2つのコースから選択することが可能。

また、留学前から帰国まで受講可能なプログラミング学習は、エンジニア経験者の講師によるメールやビデオチャットでのサポートサービスを用意。

帰国後の就職支援も、専任のキャリアアドバイザーから指導を受けることができるため、安心してIT業界への就職・転職活動に臨むことができる。

※IT業界へ関心のある大学生(3~4年生)、大学院生、専門学生、短大生、30歳以下の社会人対象。プロフェッショナルコース選択の場合は、帰国後プログラマカレッジにてサイト開発とチーム開発を学んだ後、就職活動できる。

提供カリキュラム

プロフェッショナルコース

プログラマーとして就職を目指す人向け。HTML/CSSの基礎から、Javaなどの技術習得が可能。

ライトコース

IT業界への就職を目指す人向け。IT業界の基礎知識やITパスポート、excelの研修などIT業界に必要なスキル習得が可能。

第一回説明会の概要

日時

2020年2月20日(木)19:00~

場所

株式会社リアブロード 本社(東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル3階)

対象

IT業界へ関心のある大学生(3~4年)、大学院生、専門学生、短大生、社会人


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。