オデッセイコミュニケーションズ、全国94大学の学長にITスキル教育のアンケートを実施。半数が「情報リテラシー向上」に重点

累計受験者数430万を超えるマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズ(本社 東京、社長 出張勝也)は、今回全国の大学・短期大学の学長に向けて「大学におけるITスキル教育について」のアンケート調査を実施し、結果を発表した。

「大学におけるITスキル教育について」アンケート調査結果概要

新卒採用でも注目される「デジタル人材」。

全国の大学・短期大学の学長は自校のITスキル教育について、現状をどのように捉え、どのような青写真を描いているのだろうか。

今回、オデッセイコミュニケーションズが実施した学長調査では、現在特に重点を置いている教育分野と、今後拡充したい教育分野についてが明らかになった。

調査によると、現在重点を置いているITスキル教育の分野として、48.9%の大学が「情報リテラシー(情報を正しく扱うための知識)の向上」と回答。

次いで「パソコン操作スキル」を挙げる大学が40.4%に上った。

一方で、今後拡充したい教育分野としては、48.9%の大学が「人工知能(AI)」と回答し、次いで47.9%の大学が「数理・データサイエンス」を挙げる結果となった。※回答は複数選択式。

また、約60%の学長が「WordやExcel®などのアプリケーション操作技能は中学・高校卒業時点で習得しているべき」と回答。

基本的な操作スキルは大学入学前に身につけておいてほしい、と考える学長の本音が垣間見える結果となった。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。