一般財団法人リモート・センシング技術センター、宇宙ビッグデータの実利用セミナーを3月17日に開催

一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC、理事長:池田要)は、2020年3月17日(火)19時から、室町三井ホール&カンファレンスにて、『宇宙ビッグデータの実利用セミナー「初めてのリモートセンシング」』を開催することを発表した(事前申込、無料)。

『宇宙ビッグデータの実利用セミナー「初めてのリモートセンシング」』概要

近年、人工衛星の小型化による増加やドローンの普及により、地球を観測するデータの容量は飛躍的に増大している。

ここに、IoT、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)などの技術の向上と普及、さらには各国宇宙機関によるデータのオープン&フリー化政策が相まって、データを解析・利用する環境に劇的な変化が起こっている。

このような宇宙ビッグデータは、インフラ監視、都市開発、投資・保険、農林水産業など、様々な分野で活用されており、国連が進める持続可能な開発目標(SDGs)においても、進捗を測る指標の一つとして期待されている。

このセミナーでは、宇宙から地球を観測したビッグデータに焦点を当て、データがどのように社会の課題を解決し、企業のビジネスに利用されているかを解説。

その上で、更なる技術の発展や、他技術との融合により、今後の利用可能性についても解説する。

内容

  • 挨拶[若松健司(ソリューション事業第一部長)]
  • 講義[亀井雅敏(同部 研修課長)]
    • Chapter 1:各種課題の解決方法(利用事例)
      •  宇宙からの地球観測(リモートセンシング)のあらまし
      •  衛星データを用いて実際の業務に利用されている事例
      •  SDGsの目標等、様々な社会課題解決に対する衛星データの貢献可能性
    •  Chapter 2:新しい技術との融合
      •  衛星データの大容量化+クラウド上での解析環境+人工知能(AI)
      •  ドローンと衛星によるデータ取得の違いや組み合わせの可能性
    •  Chapter 3:ビジネスの潮流
      •  宇宙業界、特にデータ利用産業界におけるプレイヤーとサービス
      •  異業種とのコラボによる新しいビジネスの台頭
  • 更に学びたい人へ[道下亮(同部 研修課長代理)]

※内容は予告なく変更となる場合あり。

こんな人にお勧め

  • 宇宙ビジネスに関心がある、参入を考えている
  • 宇宙からの地球観測データを事業に活用しようと考えている
  • どうしたら宇宙からの地球観測データを利用できるか知りたい
  • 「リモートセンシング」がどのようなものかを知りたい

新国立競技場(2019年3月)

新国立競技場(2019年12月)

建設途中の新国立競技場(上:2019年3月、下:2019年12月)

2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場である新国立競技場。屋根の部分や隙間から見えるトラックの色から、競技場の建設過程を衛星データで確認することができる。

建設の過程だけでなく、橋梁や道路、山林などの社会インフラを中長期的に監視する目的でもリモートセンシングの技術が活用されている。

グリーンランドの氷床

大規模な融解が発生したグリーンランドの氷床

季節外れの暖かい空気がヨーロッパからグリーンランド上空を通過したために大規模な融解が発生。

2019年7月だけで数十億トンの水が大西洋に流れ込み、海面上昇に直接かつ即座に影響を及ぼした。

衛星は数十年にわたり北極圏を継続的に観測しており、蓄積された過去データは気候変動の研究や防災の分野でも利用されている。

講師紹介

亀井雅敏(一般財団法人リモート・センシング技術センター ソリューション事業第一部 研修課長)

地球観測衛星データ利用に関する文部科学省、経済産業省、宇宙航空研究開発機構などからの委託事業を多数担当。

国内外で衛星データ利用のトレーニング、衛星を使ったソリューション事業の提案を行っている。また、気候変動枠組条約締約国会議(COP)、地球観測に関する政府間会合(GEO)、地球観測衛星委員会(CEOS)などの国際的な活動を通じて、各国の宇宙機関やデータ利用者との幅広いネットワークを持つ。

著書に『気候変動適応策のデザイン』(クロスメディアマーケティング、2015年、共編)がある。

日時

2020年3月17日(火)19:00~20:30(受付18:30~)

会場

室町三井ホール&カンファレンス RoomA&B (東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 COREDO室町テラス3階)

参加費

無料 ※当日は名刺を1枚用意。

定員

50名(先着順)

申込み方法

下記Peatixページより申し込み


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。