学研、PC・タブレット不要でプログラミングの考え方を学べる『絵でわかる はじめてのプログラミング』発売

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、2020年2月6日(木)に『絵でわかる はじめてのプログラミング』を発売したことを発表した。

なぜ自動でご飯が炊ける?どうして自動で電気がつく?いたるところにコンピュータがあふれる世の中を生きていく子どもたちにとって、プログラミングの考え方を知ることはとても大切である。

この本では、「チョコレート工場」や「エアコン」など身近なもののプログラムを、パズルやクイズで考えることで、論理的な考え方や機械のはたらきを楽しく学ぶことができる。

『絵でわかる はじめてのプログラミング』書籍概要

▲イラストやマンガもあるので、子どもひとりでも楽しく読める!

2020年4月から、小学校ではプログラミング教育が必修化される。

しかし、「設備がそろっていない」「忙しくてそこまで手がまわらない」など、実施を不安視する声が多いのも事実である。

でも、そもそもプログラミング教育は、コンピュータがあふれる世の中で、将来どんな職業に就く子にも、ブラックボックスだった機械のしくみや考え方を知ってほしい、という思いからはじまるもの。

そこで、本書では子どもたちに最初に伝えたいプログラミングの「基本の考え方」を、イラストを中心にやさしく解説している。

特徴

基本の考え方が、パズル感覚で楽しく体験できる!

身のまわりの魔法のようなしくみも、ひとつひとつ分解して考えると、シンプルな動作の組み合わせでできている。

例えば年輪模様のバームクーヘンを作るときを考えてみよう。

「生地を作る」「焼いたものを切り分ける」などの工程があるが、「焼き棒をまわしながら生地をぬる」と「火に近づけて焼き色をつける」という工程は何度も交互にくり返す必要がありそうだ。

こうした「くり返し」の命令は、まとめて書くとわかりやすい。これはコンピュータでもよく使われる「くり返し」の考え方である。

▲「生地をぬる」と「焼き色をつける」をくり返しているのが一目でわかる!

本書では、こうしたプログラミングの流れをイラストでやさしく図解。対応するフローチャートでも、学ぶことができる。

生活との関連や、考え方の解説がわかりやすい!

こうしたプログラミングの考え方は、身近な機械の中や、大量生産をする工場で使われている。

本書では企業等に取材し、実際に使われているプログラムの例や、関連する技術なども紹介。

「順次」や「くり返し」など、プログラミングの考え方をさらに深めるビジュアル解説も充実している。

すぐ授業で使えるワークシートも!

▲ピースをあてはめながら、楽しくプログラミングが学べる!

本書でとり上げた身近なプログラムは、オリジナルパズルのワークシートをダウンロードして使用できる。

学校にひとり1台のPCやタブレットが無くても、すぐに授業でプログラミングの考え方を体験学習することができる。

PC・タブレット対応のスクラッチゲームで、さわって学べる!

▲はじめてでも楽しくゲームプログラミングを体験!

本書では、プログラミングツール「Scratch3.0」を使用した、オリジナルゲームのプログラムを紹介している。

見本のゲームは、プログラムの数やパーツを変えることで、キャラクターの移動速度やイラストなどを簡単に変更することができる。

遊んだり、変化を試したりすることで、プログラムのはたらきについても体験しながら楽しく学べる。

定価

本体4,200円+税

発売日

2020年2月6日(木)

判型

A4変型判/80ページ

Youtubeチャンネル