エンジニア向けポートフォリオ自動作成サービス「LAPRAS」連携・取得サービス数が10に拡大

LAPRAS株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:島田 寛基)は、2020年2月12日に個人のスキルを可視化するポートフォリオ自動作成サービス「LAPRAS」の情報取得先にDoorkeeperを追加し、連携・取得サービス数を10に拡大したことを発表した。

ポートフォリオ自動作成サービス「LAPRAS」概要

LAPRASはGitHubやQiitaをはじめとするエンジニア向けサービスやSNSの公開情報を自動で紐付け、解析するポートフォリオの自動作成サービス。

現在はソフトウェアエンジニアをメインユーザーとして、ユーザーの要望に合わせて連携、取得サービスを追加している。

今回、エンジニアに広く活用されているイベント管理ツールのDoorkeeperが追加されたことにより、連携、取得サービス数が10に拡大。

これはサービスやSNSのアカウントを紐付け、解析するポートフォリオサービスの中では最も多い数字(LAPRAS調べ)。

※現在、Doorkeeperアカウントの紐付けは可能だが、参加イベントの一覧はポートフォリオには表示されていない。参加イベントの一覧表示は、今後のアップデートにより実装される予定。

LAPRASの3つの特徴

① システムで自動作成された148万人以上のポートフォリオ

LAPRASはWEB上の情報を自動で紐付けし、ポートフォリオを自動作成。

本人が情報を入力する必要はない。

現在、LAPRAS上には148万人以上のポートフォリオが存在する。

LAPRASのサービスサイトからGitHub、Qiita、Twitterアカウントのいずれかでログインすると、すでに作成されている自身のポートフォリオを見ることができる。

ポートフォリオイメージ

ポートフォリオイメージ

② アウトプットからスキルをスコア化

紐付いたサービス、SNS上で公開しているコードや記事、イベント参加履歴などのアウトプットから個人のスキルをスコア化。

また、アウトプットの内容からスキルや志向性を表したタグを発行し、専門性や興味分野も判定する。

③ 国内最多!10のサービスを連携・取得するポートフォリオサービス

Doorkeeperが追加されたことにより、LAPRASは国内最多の10のサービス・SNSを連携・取得するポートフォリオサービスとなった。

連携・取得するサービスはソフトウェア開発プラットフォームのGitHubから、Qiitaやnoteのような記事・情報共有サービス、connpassやDoorkeeperのようなイベント管理サービスまで多岐に渡る。

連携・取得サービス一覧

  • GitHub
  • Qiita
  • Facebook
  • Twitter
  • teratail
  • note
  • Wantedly
  • Speaker Deck
  • connpass
  • Doorkeeper

また、上記に加えてはてなブログ、Mediumをはじめとするブログサービスの情報も連携、取得している。

今後の開発計画について

LAPRASプロダクトマネージャー 鈴木 亮太氏のコメント

LAPRASでは、ユーザーのWEB上での活動が正しく評価されるよう、量と質の両面でポートフォリオの拡充を進めていきます。

今後の開発計画としては、AtCoderなどの競技プログラミングサイトや、スライド共有サイトとして要望の多いSlideShareなどに順次対応していく予定です。また、質の面でも、スコアリングロジックの改修などを通じ、ユーザーにとってより納得感のあるポートフォリオを目指していきます。

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。