ワンダーラボ、カンボジアで知育アプリ「シンクシンク」の実証実験を慶應大学中室研究室と実施。偏差値平均6.9向上等の効果を確認

ワンダーラボ株式会社(旧:花まるラボ、本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶 以下、ワンダーラボ)は、開発・運営する子ども向け思考力育成アプリ「シンクシンク」を用いたカンボジア王国(以下、カンボジア)における実証実験にて、対象児童の算数の学力テストやIQテストで計測された認知能力が統計的に有意に上昇したことを発表した。

「シンクシンク」を用いたカンボジアでの実証実験概要

背景

この実証実験は、2017年に独立行政法人国際協力機構(以下、JICA)の「2017年度第2回 中小企業海外展開支援事業~案件化調査~」に採択された「カンボジア王国におけるアプリ教材「Think!Think!」を用いた思考力教育の導入に関する案件化調査」の一環として実施された。

カンボジアでは、主にポル・ポト政権時代に多大な打撃を受けた教育環境の整備、学力の向上が国家の最優先課題となっている。

2014年の高校卒業試験の合格率は僅か26%、その後、ハン・チュオンナロン現教育大臣による政策により大幅な改善を見せているものの、未だに人材競争力の強化は喫緊の課題である。

この事業は、シンクシンクならびに同教材に用いられている教育的な知見が、カンボジアの抱える教育課題の解決を幼少期の教育からサポートできる可能性があると評価され、実施に至ったもの。

内容

実証実験は、カンボジア国内のモデル校5校・計1,636名の児童(小学1~4年生)を対象に、3ヶ月間に亘り実施された。

また、実験については、慶應義塾大学・中室牧子研究室に外部評価を受けている。

実験方法は、対象児童をシンクシンク実施群(807名)と非実施群(829名)に分け、クラスターランダム化比較実験の手法を採用。

その結果、実験開始から3ヶ月後に行われたカンボジア国家学力テスト(算数)において、シンクシンク実施群が非実施群に比べ、偏差値にして平均約6.9ポイントの向上が認められた

加えて、国際的な学力調査として知られるTIMSS(国際数学・理科教育動向調査)では平均約6.0ポイント、IQテスト(田中B式)では平均約8.9ポイントもの向上が確認されている。

これは、他国で実施されたコンピュータ支援教育の実験結果と比較しても効果が著しく、また児童の性別や学年、保護者の学歴によらず、等しく効果が出ていることも特筆すべき点である。

実証実験についての中室研究室によるコメント

私たちの研究室では、カンボジアの公立小学校で約1,600人を対象に、シンクシンクが学力に与える効果の検証を外部評価を担当しました。

小学校1年生から4年生までの学年をランダムにシンクシンクを受けるクラスと受けないクラスにわけてみると、3か月後には算数の授業内でシンクシンクを利用した子供たちの算数の偏差値は5.6~6.7も上昇していました。近年インドで行われた同様の大規模実験では、同じく3か月の介入で中学生の数学の偏差値が3.7~6.0程度上昇する効果(Muralidharan et al , 2019)、インドで行われた別の実験では1年の介入で小学生の算数の偏差値が4.7程度上昇する効果があった(Banerjee et al, 2007)ことがわかっていますが、今回の実験ではこれらの研究よりも大きな効果が認められています。また、性別や親の学歴による効果の差は確認されておらず、特定のグループの子供たちを有利にしたり、不利にしたりすることもなく、全体の学力の底上げにつながっていることがわかります。

なお、この分析にかかわった当研究室のメンバーは、ワンダーラボから一切の金銭的報酬、研究助成金、株式等は得ておらず、申請中の特許もありませんので、開示すべき利益相反はありません。

今後について

この結果を受けて、カンボジア政府はナショナルカリキュラムへのシンクシンクの導入を本格的に検討しており、2020年度にはパイロット校の規模を拡大し、より大規模な試験導入が実施される。

ワンダーラボでは、この結果が得られた要因として、シンクシンクが子どもの意欲やモチベーションに与える影響が大きいと推測しており、引き続き、シンクシンクが非認知能力(自尊心やモチベーションなど)に及ぼす影響を調査する目的で、より長期的な介入を継続中。

ワンダーラボは、「世界中の子どもたちが本来持っている知的なわくわくを引き出す」ことをミッションとしているが、今回の実験結果を通して、意欲や思考力に働きかける教材が、学力にも大きな効果を与えることが確認された。

今後も、子どもたちがわくわくしながら学べる、新たな教材や体験を作り出していく。

シンクシンクについて

思考力を育てる1回3分のミニゲーム形式の教材を100種類15,000問収録。

問題は、空間認識・平面認識・試行錯誤・論理・数的処理の5分野から構成されている。

延べユーザーは世界150ヶ国100万人以上、これまでに、国内外で下記の受賞がある。

  • Google Play Awards 2017 「Best App for Kids」部門ファイナリスト
  • Google Play Awards 2019「Best Social Impact」部門ファイナリスト
  • Google Best of 2017
  • 日本e-Learning大賞 EdTech特別賞
  • 第13回キッズデザイン賞

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。