バンタンテックフォードアカデミー、DX基盤「ABEJA Platform」を活用

​2月12日、株式会社ABEJA(東京都・港区、以下ABEJA)は、株式会社バンタン(東京都・渋谷区、以下バンタン)が2020年4月に開校するプログラミング・デザインのIT専門校バンタンテックフォードアカデミー(以下、テックフォードアカデミー)に、DX(デジタル・トランスフォーメーション)基盤「ABEJA Platform」を提供したことを発表した。

バンタンが毎月開催する学校説明会にて、参加者がAI開発のプロセスを学ぶためのツールとしてABEJA Platformを利用。

今後は、テックフォードアカデミーの授業の教材としてABEJA Platformを利用することも視野に入れている。

バンタン、「ABEJA Platform」導入背景

社会が直面するAI人材不足という課題に対し、若者のAIに対する理解や関心を深めることが必要であると考えたテックフォードアカデミーは、AIの開発現場で活用されてきたABEJA Platformを使って、AIに興味のある中学生、高校生を対象とした体験授業を開催している。

月に1度開催するこの体験授業では、ABEJAがカリキュラムを監修し、テックフォードアカデミーの講師が講義を行う。

ABEJA Platformを使って、新しい写真を見せた時にそれが何の画像かを見分けるAI/機械学習モデルの作成過程を体験。

こうした授業により参加者は、「AIをつくるお仕事」をより具体的にイメージできる。

株式会社バンタン取締役社長 木村良輔氏のコメント

今後、数十年以内に今ある人間の仕事のうちの、およそ半数はAIやロボットに置き換えられると言われています。そんな劇的な変化が予想される時代に、子供たちに何を伝えるべきか、私たち一人ひとりの教育者が問われています。一つ確かに言えることは、人間の仕事がなくなっていく中でもAIやロボットを開発・メンテナンスする仕事は間違いなく存在し、そして今後も増え続けるだろうということです。

バンタンテックフォードアカデミーではプロジェクト型学習などの実践的なカリキュラムを通じ、未来のAI社会でも確かな価値を創出できる人材を育成していきます。その第一歩としてAI開発分野のリーディングカンパニーであるABEJAと取り組めることは非常に意義深いと考えています。これから入学する生徒たちには、ABEJA Platformを使いながら、AIを「仕事を奪い合うライバル」ではなく人間とともに「未来を創っていくための良きパートナー」として捉えられる人材になってほしいと思います。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。