教育スタートアップ「花まるラボ」、「ワンダーラボ」に社名を変更

子ども向けアプリ教材開発・運営などを行う株式会社花まるラボ(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶 以下、花まるラボ)は、2020年2月12日に、ワンダーラボ株式会社に社名を変更したことを発表した。

社名変更の背景

花まるラボは、2014年10月の創業以来、子どもの意欲を引き出すような授業やコンテンツの制作に取り組んできた。

開発・運営する子ども向けの思考センス育成アプリ「シンクシンク」は累計100万人の子どもたちが使い、世界最大級のアプリアワード「Google Play Awards」で異例の複数年入賞を果たすなど、国内外で多くの賞を受賞。

この先、世界中の子どもたちにサービスを届けていくことを念頭に置いた時に、よりミッションや考え方を端的に、且つ世界で通用する言葉で表現した名前を社名として冠したいと考え、今回の社名変更に至った。

新社名「ワンダーラボ」に込められた想い

知的なわくわく=”Wonder”

世界中の子どもから「知的なわくわく」を引き出すことをミッションとしている。

「知的なわくわく」とは、具体的には”感じて、考えて、表現する”ことを楽しんでいる状態を指す。

社名の”Wonder” という言葉は、英語で「知的なわくわく」を表現する言葉として、最もふさわしいと考えた。

レイチェル・カーソンの名著「センス・オブ・ワンダー」では、(特に自然について)神秘や不思議を五感で感じることの尊さが書かれているが、ワンダーラボはデジタルもアナログも組み合わせて、その時代にできる最高のアプローチを、子どもたちの”Wonder”を引き出すためにこそ役立てていきたいと考えている。

ワンダーラボ 新CIについて

コーポレートロゴについて

新しいコーポレートロゴは、5つの正方形が規則正しく並べられ、よく見るとWonderの頭文字「W」を形作っている。

子どもにとって「?」が「!」に変わる瞬間は、大きな躍動を伴う「知的わくわく」の瞬間。

このロゴも、一見ただの正方形の集まりに見えるものが、実は「W」を形成しているという驚きを表現している。

コーポレートカラーには、あえて中間色を用いることで、子どもたちがつくっていく未来がどんな風になるんだろうという期待や、”Wonder”という言葉の持つ神秘性などを表現。

一つひとつの正方形は、3色から構成されているが、これは「感じて、考えて、表現する」という、知的わくわくの3要素を表している。

数式で定義したコアバリューについて

ワンダーラボは、「世界中の子どもが本来持っている知的なわくわくを引き出す」というミッションを掲げている。

ミッションを果たし続けるために、ワンダーラボが大切にする価値観や行動指針を、新たなコアバリューとして数式・言葉の両面から定義。

数式で表すことによって、言葉のもつ曖昧さや不確かさを補完している。

おそらくは世界でも類を見ない(ワンダーラボ調べ)「数式コアバリュー」。それぞれの数式の詳細な解説は、青山学院大学理工学部助教の松田能文先生が監修している。

ワンダーラボCEO 川島 慶氏コメント

「これからの時代にはこんな力が必要だから、それを子どもたちに与えよう」。そのようなアプローチではなく、私たちは、子どもの知的なわくわく=”Wonder”を引き出すコンテンツや体験を、その時代ごとにできる最高のアプローチで届けていこうと考えています。本日発表した「ワンダーボックス」という新しい通信教育サービスは、まさしく”Wonder”をご家庭で体験していただける、社名に込めた想いを体現するようなサービスとなりました。

バックキャスティング型の教育ではなく、今この瞬間、目の前の子どもが「感じて、考えて、つくり出す・表現する」ことを楽しんでいるかどうか。このことに真摯に向き合い、これからも世界中にサービスを提供してまいります。引き続き、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。