つくば市、体験型科学教育事業「つくばこどもクエスチョン2020」を2月22日に開催

つくば市では、STEAM教育※の考え方を取り入れ、つくばの研究者とともに実施する体験的な学びを通じて、こどもたちの社会力と想像力を伸ばし、未来を生きるための思考力を育成する場を提供するため、体験型科学教育事業を進めている。

今回、事業の一環として「つくばの研究者と一緒に、きみの興味を研究にしよう!」をテーマに「つくばこどもクエスチョン2020」を開催することを発表した。

つくば科学教育マイスターと好奇心を刺激する個性豊かな10人の研究者が、身近なものごとや妄想から仮設・問いを立て、問いを探求するプロセスを描くためのサポートを行う。

※ STEAM教育:Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)等の各教科での学習を実社会での問題発見・解決にいかしていくための教科横断的な教育。 STEAMは5つの頭文字。

「つくばこどもクエスチョン2020」開催概要

日時

令和2年(2020年)2月22日(土)10:00~16:30

開催場所

つくば市役所 コミュニティ棟1階

参加条件

小学4年生~6年生

募集人数

60名 ※申込者多数の場合は抽選となる。

参加費

無料

申込期限

令和2年(2020年)2月11日(火・祝)23:59まで


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。